韓国海軍、17番目のミサイル艇が就役

そう、ヨカッタネ。

17番目のミサイル艇が就役=韓国海軍

2014/12/03 15:19
【昌原聯合ニュース】韓国海軍第5戦団は3日、慶尚南道昌原市の鎮海軍港で17番目のミサイル艇「イビョンチョル」(450トン)の就役式を行った。
しかしまあ、ミサイル艇を沢山作るもんだな。


先ずは関連記事の紹介だ。
このブログでも幾度か紹介したが、韓国のミサイル艇はコムドクスリ級ミサイル艇という船である。
コムドクスリ
これがその船である。
え?沈没している?

韓国のミサイル艇が建造中に沈没、高波にやられる―中国メディア

2013年11月26日
韓国南部の海岸にある造船所の岸壁で25日未明、建造中だったコムドクスリ級ミサイル艇1隻が高波のため沈没した。関係者によれば、このミサイル艇は約6割が完成しており、すでにエンジンなどが取り付けられていた。中国国防科技信息網が26日伝えた。
ミサイル艇は船尾から沈没し、船体の約5分の4が水に浸かった。当時は誰も乗っておらず、けが人などは出なかった。
造船所は3000トン級のクレーンを使って船を引き上げようとしたが、船体に水が多く入っていたため失敗した。
実は、この船、こんな情けない沈没事件を引き起こしたことでも有名である。
時期的に、17番艦はこれに該当するのでは無いか?と邪推している。


まあ、流石に早々沈没するって事は無いだろうけれども、その他にもこのシリーズには色々あった模様。
<実戦配備前>
  • ウォータジェットエンジンから潤滑油漏れ
  • ディーゼルエンジンのエアタンクが空気漏れ
  • 航海レーダーが消える
<実戦配備後>
  • ウォータジェットエンジンのタービンブレードと冷却装置に腐食
  • ディーゼルエンジンから潤滑油と燃料オイル漏れ
  • 磁気羅針盤に20度以上の誤差
  • 館内通信システムの通信不要
<2番艦以降も問題>
  • 高速航行で直進不能(韓国製の推進装置に問題)
  • ウォータジェット方式の推進力が落ちる
  • 原因は推進軸に使われているベアリングのオイルが蒸発して潤滑しない
  • 潤滑油から鉄粉が出てくる(内部装置の摩耗疑い)
http://annex2ahouse.blogspot.jp/2013/10/blog-post_4.html


以前まとめたのだが、こんな感じの不備が(笑)


アレだ、こけおどし的な役回りでも、あるだけマシと言うべきかな。
 同艇はSTX造船海洋が建造し、今年4月に進水式を行った。来年初めに実戦配備される。
 同艇はベトナム戦争で戦死したイ・ビョンチョル上士にちなんで命名された。
……サムスンの創業者とは無関係なんだね(笑)
しかし、ベトナム戦争で戦死した兵士の名前って、そりゃ沢山あるんだろうけどどんな活躍をした人物なのやら。そろそろ有名人の名前が尽きそうだとは思っていたけど、意外にいるもんだね。
 ミサイル艇は海軍の老朽化した高速艇に代わる艦艇で、沿岸や港湾の防衛、哨戒作戦などの任務に就く。艦対艦誘導弾や76ミリ、40ミリ艦砲などを搭載している。全長63メートル、幅9メートル、最高速度は40ノット(時速74キロ)。
最高時速を出すと、真っ直ぐ走れない不具合は直ったのだろうか??


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ





コメント