予算が通ったから独島艦2号を作ろう!

マジ?

領有権紛争対応「第2独島」作る

記事入力2013-12-12 03:07

大型揚陸艦の予算通過... 2020年の配置、済州海軍基地予算は300億ウォン削減[東亜日報] 軍当局が、2020年代半ばまでにイージス駆逐艦3隻を追加導入する方針を確定したのに続き、来年から大型揚陸艦2番艦化作業も本格的に着手する方針だ。

そういえば、予算が通ったとか通らないとかいう話もあったが、給料日に早速色々買っちゃうダメサラリーマンのようだな。


まあ、韓国軍がどんな兵器を導入しようか、なんて話は……このブログでは大歓迎だ。

大型揚陸艦はイージス艦、韓国型駆逐艦と一緒に、域内の領有権紛争に備える「戦略機動艦隊(別名独島-であっても艦隊)」の核心戦力である。特に、ヘリコプターや戦車、上陸突撃装甲車、兵力を輸送する基本的な任務に加えて、海上機動部隊や上陸機動部隊の旗艦(旗舰)に海上作戦を制御する指揮の役割を果たしている。

うんうん、そうだね(棒

イージス艦や駆逐艦がマトモに動けば、大型揚陸艦だって有効に使えるよね!

お粗末、韓国のイージス艦
曳航される独島級
韓国駆逐艦、5時間停電が発覚

……てんで駄目じゃねーか!

そもそも、独島級の発電機は直ったのかよ!

軍当局によると、11日開かれた国会国防委員会の2014年度予算決算審査小委員会では、大型揚陸艦2番艦の設計予算(約10億ウォン)は、政府原案通り可決された。軍関係者は「2020年までに合計6528億ウォンを投入し、大型揚陸艦2番艦を導入配置する計画だ」と話した。

それと、ちょっと気になるのがこのお値段。

独島級1号艦は、以前の記事によると8000億ウォンほど建造にお金を使っている。当然、2号艦にも同等のお金がかかるはずなのだが、何故か6528億ウォンに予算が縮小されている。

現在、2007年に実戦配備された独島艦(1万4000t)1隻だけ運用している。軍の一部では中国空母「遼寧省」(6万7500t)と日本の場合空母級ヘリ護衛艦である「出雲」(1万9000t)に対抗して大型揚陸艦2番艦を垂直離着陸戦闘機を搭載できる軽航空母艦(2万t以上)級で完成しなければならないという主張も出ている。

が、要求は、1号艦が1万4000tなのに対して、2号艦は2万t以上になっているのだ。前々から2号艦を作りたいって話は出ていたし、2020年までに!というフレーズも何度も聞いた気がするけど……おかしくね?1.5倍も大型化しておいて、予算は2割も削減されている。意味が分からない。

 

それにさー、1号艦の独島級って、未だに戦力化されてないんだよね?

揚陸艦という位置づけにもかかわらず、搭載するヘリが未だに存在しないんだから。

韓国産?機動ヘリが実戦配備に

今年4月には初の国産ヘリ(笑)が配備されてホルホルしていたような気がするけど、どうやらコイツを改造して載せる計画っぽい。

KAI、海兵隊の上陸機動ヘリコプターシステムの開発を開始  (2013/7/10)

7月にそんなニュースが流れてたしな。でも開発開始は2017年かららしい。つまり、それまでは1号艦すら戦力化出来ないという話に……。

 

まあ、マトモな神経の国会議員ならば、こんな予算の承認なんかしないと思うんだが、韓国は一味違うってことなんだな。

 


4ch赤外線コントロール ラジコンヘリコプター IRH100RD (メタリックレッド)

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ