2017年7月26日水曜日

沖縄県知事、離島を外国人に売り渡す提案

ヒドイなこの人。誰がって?そりゃ、琉球王の翁長氏である。

山本地方創生大臣と翁長知事会談

2017年7月24日 11時57分
 内閣府の山本地方創生担当大臣は7月23日、県庁で翁長知事と会談し、地方創生の支援に全力を挙げたいと話しました。
~~略~~
 これに対して、翁長知事は、沖縄の発展にとって離島の振興は重要だとした上で、国家戦略特区として離島で、外国人の農業就労が可能になる特区の創設などを要請しました。
そして、この話を受けた山本氏がどんな反応を見せたかも気になる。

最低賃金の上昇と雇用

事情により月曜日火曜日と、記事を書くことが出来なかったけれども、今日から平常通りになります。

さて、本日選んだテーマは、賃金の話。最低賃金を上げても、景気浮揚に結びつかない。

<最低賃金>25円上げ 過去最大 平均時給848円

7/25(火) 23:37配信
 非正規雇用を含む労働者の賃金引き上げにつながる2017年度の最低賃金(最賃)の目安額について、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」(会長=仁田道夫・東京大名誉教授)の小委員会は25日、全国平均で25円(3.0%)の引き上げを決めた。10月に目安通り引き上げられれば、全国平均で最賃の時給は848円となる。3%以上の引き上げは2年連続。
安倍政権の支持率が落ちる中、効果の高い経済対策が模索されているようだ。しかし、この最低賃金の上昇というのは、ハッキリ言って意味が無いどころか、寧ろ景気の足を引っ張る可能性が高い。