2017年5月18日木曜日

【やっちまったか?】民進党の出した文書は偽造の疑い

第2の永田町メール事件にならないことを願いたい。

獣医学部新設「総理の意向」文書 事実関係を確認 文科相

5月17日 16時49分
衆議院文部科学委員会で、愛媛県今治市での大学の獣医学部の新設をめぐって、民進党の議員が、「文部科学省が、内閣府から『総理の意向だと聞いている』と伝えられたなどとする文書を作成しているのではないか」と指摘しました。松野文部科学大臣は、事実関係を確認する考えを示すとともに、安倍総理大臣から指示は受けていないと強調しました。
加計学園の話は、メディアでは大騒ぎだが、巷では殆ど騒がれていない印象である。森友学園の時は籠池氏という便利なアイコンがあったが、今回はねぇ……。

オランダで洋上風力発電所が完成

めでたいな。

世界最大級600MWの洋上風力発電、オランダで150万人分の電力を供給

2017年05月16日 07時00分 更新
オランダ北沿岸部の沖合で約2年かけて建設が進められていた洋上風力発電所が完成し、2017年5月7日から操業を開始した。世界でも最大クラスとなる大型の洋上風力発電所で、再生可能エネルギーの供給比率を2020年までに14%に高めるというオランダ政府の目標を大きく後押しする発電所だ。
原発反対派がこぞって絶賛しそうな話だ。


THAADの再配備を検討する韓国

うんそれ、韓国が考えることではないから。

「THAAD配備再検討すべき」56.1%

登録 : 2017.05.16 23:28修正 : 2017.05.17 07:11
 韓国国民の半分以上が在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定を再検討すべきと考えていることが分かった。
「再配備を検討すべき」って、何ができるって言うんだ。だって、配備されるのは米軍基地なんだぜ?

ネタ的には「お笑い韓国軍」ネタではないのだが、韓国のミサイル防衛構想であるKAMD構想に関係するので、このカテゴリーで扱っておこうと思う。
2月末には確定的になった韓国国内へのTHAAD配置だが、コレに関連して支那が嫌がらせを韓国に対して行ったり、経済的な制裁を行ったりしている。
ロシアもかなりコレに関しては口出しをしているようだな。

THAAD

さて、この話はどこから噛み砕いて良いのやら。改めて簡単に整理しておこうか。



そもそもMD構想とは、冷戦時代に軍拡競争に明け暮れたアメリカが、外国からのミサイル迎撃を行う為に開発した技術である。
アメリカとロシアが核弾頭の開発を行い、核弾頭と弾道ミサイルの数を競う時代があった。核弾頭は撃たれれば撃ち返すしかない。だから、数を競い、威力を競って抑止力とした。
だが、この軍拡競争に終わりは無いことは、弾道ミサイル開発当初から分かっていた。だから、「ミサイルを迎撃できないのだろうか?」と考える人が出てきた。これがミサイル迎撃構想、ミサイル防衛構想である。

しかし、弾道ミサイルは迎撃するには速すぎる。ミサイルは、撃ち上げたら地球の重力に引っ張られて落ちてくる。もともと丸い地球の上の目標を攻撃するためにミサイルを撃つため、撃ち上げて落っことすしかない訳で。
ミサイルの飛距離
コレなんか分かり易いね。
長距離飛ばすためには高く撃ち上げて、速く飛ばすしか無い。



さて、実はミサイルはいつも同じ速度で飛んでいるわけでは無い。撃ち上げると一番高度が高くなったときにスピードが一番遅くなるのだ。
つまり、迎撃するのであれば高い高度で迎撃する方が有利なのである。

まあ、ザックリ説明するとそんな話で、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の有用性は、狙いを付けやすいって事かな。大雑把に言えば。

ココで面白いのは、隣の国からミサイルが撃ち込まれることを考えると、韓国にとって迎撃ミサイルを配備するメリットというのはそれ程無いと言うことなんだな。
戦略的には北朝鮮側から韓国にミサイルをぶち込むことはありうるが、高価なミサイルをぶち込むくらいなら、火砲をぶち込む方が楽だし安い。そもそも韓国の人口の殆どは国境から40kmと離れていないソウルに集まっている。ミサイルで飽和攻撃するまでも無い話だ。
それで無くとも短距離ミサイルで十分届くわけで、だとするとTHAADを配備するメリットが果たしてどの程度あるのかという話になる。
ミサイル軌道
もちろん、北朝鮮がロフテッド軌道と呼ばれる高高度に撃ち上げる方法を採ることは考えられる。だから、THAADを配備する意味が無いとは言わないが……、コストメリットがねぇ。



そんな訳で、今回は在韓アメリカ軍がTHAADを配備する。その意味は、韓国のミサイル防衛に寄与するという意味は僅かにあるが……、アメリカを守る為、という意味合いが強い
そこは言葉を飾っても意味は無いほどの厳然たる事実である。

米国、韓国に同盟国の防衛責任を掲げて分担金の引き上げ求める可能性

2017年05月08日15時30分
  ドナルド・トランプ米国大統領が在韓米軍の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に対する費用を要求し、THAAD論争が再び大きくなっている。文在寅(ムン・ジェイン)共に民主党候補は「莫大な財政負担を招く以上、国会の批准が必要だ」と主張した。沈相ジョン(シム・サンジョン)正義党候補は「金は出せないからTHAADを持って帰れ」と述べた。THAAD配備が中国との摩擦に続き、費用問題で韓米間の葛藤が避けられなくなった。先月26日、慶尚北道星州(キョンサンブクド・ソンジュ)に配備されたTHAADの費用をめぐる葛藤と防衛費分担金の影響を展望してみたい。
故に、こうした話がでてきてもおかしいことでは無いのだ。
  事件の発端はトランプ大統領の先月27日(現地時間)のロイター通信とのインタビューから始まった。トランプ大統領はインタビューで「10億ドルのTHAAD体系費用を(米国がすでに購入して配備したが)韓国が支払うのが筋ではないか」と述べた。トランプ氏はまた「韓国政府に負担金を出すべきだとする事実を通知した」と明らかにした。
トランプ氏の発言は、明らかに無理筋なのである。



ただね、THAADは迎撃システムが重要である。つまり、ミサイル探知、追尾、迎撃がセットなので、韓国が恩恵を受けないという訳でも無い。
この辺りがなかなか難しい所。

この辺りの事が理解された上での、韓国内での議論なのか?は、ちょっと怪しいな。
 ハンギョレとハンギョレ経済社会研究院が韓国リサーチに依頼し、12~13日に全国1000人に尋ねた創刊記念世論調査の結果によると、「THAADの韓国配備についてどうすべきと考えるか」という質問に対し、回答者の56.1%が「配備決定を再検討すべき」と答えた。一方、「配備決定を受け入れるべき」という意見は39.9%に止まった。5月1~2日のハンギョレ新聞とリサーチプラスの調査で、THAADが配備されたことに対して「正しいことだ」が28.4%、「必要だがこのように急ぐのは間違っている」が36.8%、「間違ったことなので次期政府でもう一度検討」が28.9%だったのと比較すると、文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足後に再検討意見が急上昇した。
韓国国内では異論は色々あるようだが、そもそもこの議論は出発点が間違っている。韓国はアメリカに協力するか否か、を選ぶべき話なのだ。そして、協力することに同意したので、今さら拒否も何も無い話。
故に、文在寅政権が何かを交渉する場合には、別の何かを引き替え条件として提示しなければならない。何が差し出せるかが問題ではあるが。

アメリカにとって、韓国は地政学的な利点はあるが、韓国側がその政治的安定性からそれを捨てにかかっている。文在寅政権は、まさにその点が分かっていない。まあ、クネクネがそれを知っていたかどうかは怪しいところではあるが。



どうにも韓国人は分かっていないようなのだが、国家間の約束というのは国民感情を建前に覆せるようなものではない。
流石、国民情緒法を最高法規と置いている国であり、それを史上として政権を作っただけはある。ムン君のことだ。

自主国防路線の文在寅政権 原子力潜水艦建造の可能性は

2017/05/12 14:29
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、「自主国防」を旗印に軍の戦力強化を加速させる見通しだ。北朝鮮の核・ミサイル脅威に対しては、米国中心の巨大なミサイル防衛(MD)に組み込まれるよりも、独自の韓国型ミサイル防衛(KAMD)を構築することに力を入れるとみられる。
~~略~~
◇韓国型ミサイル防衛の構築加速か
 文在寅政権は、北朝鮮が発射した弾道ミサイルを空中で迎撃するKAMDの構築も加速させる見通しだ。KAMDは地対空誘導弾パトリオット、中距離地対空誘導弾(M-SAM)、長距離地対空誘導弾(L-SAM)、早期警戒レーダー、イージス艦などで構成され、2020年代初めに完成予定となっている。


この記事は、原潜の時にも取り上げたが、なかなか面白い。
L-SAMをどうする気かはよく分からないが、一応M-SAMあたりまでは手に入れるような話が出ていた。
もちろん、使い物になるかは知らない。
 
が、ムン君がコレを取引材料と考えている節はありそうだな。


そんな訳で、いつもの如く勘違いしている韓国政府の妄言に、アメリカがどうするかが見物である。

何にせよ、今後の韓国軍の方針に関わってくる大きな話になると思うので、テーマの一環としてとりあげておいた。続報があれば又。

追記 (2017/5/18)

直ぐに続報が出てくる気はした。

THAAD配備 韓国、北朝鮮ミサイルの核心情報を米軍からもらえず

配信日時:2017年5月18日(木) 2時10分

2017年5月17日、韓国・聯合ニュースなどによると、北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイル(IRBM)について、駐韓米軍が探知・把握した情報のうち肝心な部分を韓国軍に提供していないことが分かった。

ほうほう、残念だったな。

在韓米軍のTHAAD 北朝鮮ミサイルを探知=韓国国防相

2017/05/16 20:56

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は16日、国会国防委員会に出席し、南部の慶尚北道・星州に配備された米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」のレーダーが14日に発射された北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)を探知したと明らかにした。

該当ニュースはこれっぽいが……、レコードチャイナの言っている事とは違う様な……。

 韓長官は「今回のミサイルに関連したわれわれの情報はわれわれの装備により取得して分析した」とし、「また、星州に配備されたレーダーも探知したとのことを米国側に確認した」と説明した。

確かにTHAADで探知したと伝えられただけのようだが……、これが該当記事だとしたらレコードチャイナの記事は深読みしすぎだと思う。

 

……他に記事があるのかな?

追記 (2017/5/18)

それとは別に、こんな話も。

THAAD問題 韓国「韓米首脳会談前の立場表明は不利」

2017/05/18 10:53

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は18日、記者団に対し、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題と関連し「韓米首脳会談を前に何らかの立場を取れば会談で不利になる」と述べた。

大統領選挙では、明らかに「THAAD配備見直し」に言及していたよね?何らかの立場もクソも無いと思うんだ。

米韓での会談は速くとも7月頃になると思われるので、それまで立場表明延期か。ちなみに支那と韓国との間の首脳会談もそのうちあるので、どんどん先延ばしにして行くしか無いな。何も決まらない政治!!





ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ