2017年4月27日木曜日

韓国製家電が米国で人気

ふむ、日本の家電業界が軒並みやられてしまった背景には、こうした韓国製や支那製の製品の台頭がある。

ワールプールを抜いた家電韓流、核心で米国人の生活変えた

2017年04月26日10時40分
  今年1-3月期に米国で売れた家電の3台に1台は韓国製だ。市場調査機関のトラックラインは25日、1-3月期の米国家電市場でサムスン電子が19.2%、LGエレクトロニクスが15.8%のシェアを記録し、それぞれ1位と2位を占めたと発表した。106年の歴史を持つ米家電メーカーのワールプールはサムスンとLGに押されシェア15.7%で3位に落ちた。韓国の家電メーカーが米国市場で1位と2位を占めるのは今回が初めてだ。今回の調査は冷蔵庫、洗濯機、オーブン、電子レンジ、食器洗浄器の5大生活家電製品を対象に実施された。
なかなかのホルホル具合だな。しかし、日本製品は淘汰されてしまったことを考えれば、これは素直に称賛し悔しがるべきだろう。