2017年1月20日金曜日

アパホテルと言論弾圧の嵐

サヨクが全力で叩きそうな事案だが、メディアは殊言論が絡むだけにちょっと慎重になっている様だね。

アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委

1月19日 21時46分
アパホテルが客室に備え付けている本の日中戦争に関する記述をめぐって、中国で反発が出ている問題で、来月、札幌市などで開かれる冬のアジア大会の組織委員会は、ホテルが選手団の宿泊先になっていることから、中国人の選手などに配慮して、本の撤去などの対応を打診しました。
騒ぐような話でも無いだろうに。

【漂流】平昌五輪に関わる人は次々いなくなる

雪が降ったとか降らないとかのニュースすら見かけない、静かな冬季五輪なのだが、ちょっと違う方向からマズいニュースが。

平昌五輪担当相らの逮捕状を請求、職権乱用の疑い

[2017年1月18日21時43分]
 韓国の朴槿恵大統領の疑惑を調べる特別検察官の捜査チームは18日、朴政権に批判的と見なした芸術家ら約9400人を掲載した「ブラックリスト」の作成を主導したとして、職権乱用の疑いで、大統領府の政務首席秘書官を務めた趙允旋・文化体育観光相と、朴氏の最側近、金淇春・元大統領秘書室長の逮捕状を請求した。
ただでさえ、クネクネが弾劾されていて政治は空転中なのに、その上担当者がいなくなると、もはや前に進むかどうかも怪しいな。


「平昌がどうなろうと知ったこっちゃねー」というのは、多くの日本人の本音であろうが、個人的には楽しみにしている。

オリンピックそのものでは無く、開催出来るか否かと言う辺りが凄く気になるわけだ。
もちろん、競技だって普通の国で開催されれば、手に汗握るものだとは思うが……、韓国の場合は開催中は別の意味で手に汗握る可能性は高そうだ。施設の安全面で不安が高いし。

さておき、記憶されている方もいると思うが、実は平昌五輪は組織委員長が辞任している。
逃げ出したくなる気持ちも分かるが、2度ある事は3度あるわけで。既に2人代わっているので、次も……、と思っていた矢先に冒頭のニュースだ。
 趙氏は2018年平昌冬季五輪の担当相。既に家宅捜索などを受け対応に追われているが、逮捕されればさらなる混乱が予想される。捜査チームは12日、リストを運用したとして金鍾徳・前文化体育観光相らを逮捕し、17日に趙氏と金淇春氏を取り調べていた。
ただし、こんどは平昌五輪担当相が逮捕されるという騒ぎになったようだ。
あ、組織委員長は未だ無事なんだね!(棒



えーっと、しかし現職閣僚逮捕とは穏やかじゃ無いな。

現職閣僚らの逮捕状請求=反政府文化人リスト疑惑-韓国特別検

2017/01/18-21:41
 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件などを調べている特別検察官チームは18日、朴政権に批判的な文化芸能関係者のブラックリスト作成疑惑で、趙允旋・文化体育観光相(50)=元大統領府政務首席秘書官=と、金淇春・元大統領秘書室長(77)について職権乱用の疑いで逮捕状を請求した。
これもまたクネクネの呪いと言えるだろう。
実は付き合っていたあの占い師、本業は呪術師だったのでは??

日本でもそうだが、韓国でも現職閣僚が逮捕されることは希だ。尤も、現時点では逮捕状の請求だけということなので、厳密に言えば逮捕されたわけでは無い。

……無いのだが、国会議員の不逮捕特権は良いのか?

与野党 国会議員の不逮捕特権見直しで合意

入力 : 2016-07-01 14:57:12 修正 : 2016-07-01 15:25:01
与野党は、国会の刷新をはかるため、国会議員が国会の会期中には逮捕されない「不逮捕特権」を見直すことで合意しました。
丁世均(チョン・セギュン)国会議長と与野党3党の院内代表が6月30日、会合して決めたものです。
現在の国会法では、国会議員の逮捕同意案が国会本会議に報告されてから72時間以内に採決されなければ、自動的に廃棄されるようになっていますが、この条項を見直すということです。
調べたら、なんと韓国では国会議員の不逮捕特権が見直される方向なんだそうだ。
その後のニュースを見ないので、議決されたかどうかは怪しいが……。



ともあれ、誰だ?逮捕されそうなのは。
興味が無かったので知らなかったのだが、この閣僚、女性なんだね。


これで50歳だというから、何というか整形大国万歳!というべきか、それとも本人の資質なのか。写真写りのお陰かも知れないな。ま、どうでも良いか。
 一連の疑惑で現職閣僚の逮捕状請求は初めて。趙・文化相は、2018年の平昌冬季五輪も担当しており、立件されれば、準備に影響が出るのは避けられない。
……平昌五輪の準備が滞りなく進んでいたとは言いがたい状況なので、「影響が出るのは避けられない」というのは、希望的観測かも知れないぞ。
常識的には、影響は出るんだろうけどね。


しかし、逮捕容疑が謎だな。
 朴政権は14~15年ごろ、政権に批判的な文化芸能関係者を政府支援プロジェクトの対象から排除するため、リストを作成、利用していたとみられ、趙・文化相らは直接関わっていた疑いがある。特別検察官チームは、朴大統領や崔被告の関与についても追及する。
ブラックリストを作ると、何か犯罪になるのか??
利用に関しては利用形態が分からないと何とも言えないが、リストを作って利用したら問題になるというのがよく分からない。逮捕容疑は「職権濫用」らしいが、そんなので逮捕されるのか。

調べてみると、確かに日本にも公務員職権乱用罪というのがあって、「その職権を濫用して人に義務の無いことを行わせ、または権利の行使を妨害する行為」を言うらしい。刑量が2年以下の懲役または禁錮だというから、結構重いな。韓国でも多分似たような法律があるのだろう。

リストを作らせていたら、職権濫用に該当する可能性は否定できないが……、そう簡単に「職権乱用罪」って適用できないと思うんだよね。
 一方、特別検察官チームは18日、崔被告の娘の名門大学への不正入学疑惑に絡み、梨花女子大の崔京姫・前総長(54)を業務妨害の容疑で聴取。また、不正入学で主導的な役割を果たしていたとみられる同大の体育学部長、金慶淑容疑者(61)を業務妨害の疑いで逮捕した。
と思っていたら、どうやら例の占い師絡みらしい。

崔順実、どれだけ大物なんだよ!!


何やら、五輪組織委員長が主張しているようだが、実に空しく聞こえる。その内この人も逮捕されそうな気はする。

韓経:「平昌五輪、不正による問題の契約はない」

2017年01月18日13時59分
  「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が『崔順実(チェ・スンシル)一家』のターゲットにはなったが、問題がある契約は1件もない」。
  李熙範(イ・ヒボム)2018平昌冬季オリンピック組織委員長は17日、江原(カンウォン)平昌郡の高麗宮韓屋ホテルで開かれた「2017年新年記者懇談会」で、「崔氏一家が平昌冬季五輪を通じて金銭的利益を得ようとする陰謀があった」とし「委員長を引き受けてから組織委の全般的な契約事項を点検した結果、幸い、不正のため問題がある契約は全くなかった」と述べた。
不正だらけで、そもそもこの五輪誘致自体が不正のオンパレードだったと聞くぞ?流石に無理があるだろう、その発言は。
  韓国社会を昨年襲った「崔順実国政壟断波紋」で平昌オリンピック組織委は直撃弾を受けた。崔被告一家の利権事業の障害と見なされた趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前平昌組織委員長が更迭された。大企業がミル・Kスポーツ財団を設立するのに熱中し、組織委はマーケティング活動に深刻な打撃を受けた。李委員長は「崔順実波紋」で難しくなったスポンサーの誘致にも全力を注ぐ予定だ。
そして、この説明もどうかと思う。

趙亮鎬氏といえば、例の韓進グループの会長である。辞任は5月なので韓進海運の倒産前(正確には法定管理扱いになっている状況)であったワケだが、この頃には既に韓進海運はどうにもならない状況になっていたハズ。
辞任では無く更迭扱いだったとは初耳だったが、本当かねぇ。

趙亮鎬・五輪組織委員長の辞任は本当に「電撃」だったのか? 背景に「政府との不和」 暗雲はますます…

2016.5.15 10:00
 本当に「電撃辞任」だったのか。2018年平昌五輪組織委員会の趙亮鎬委員長が5月3日に電撃辞任したと韓国メディアは一斉に報じたが、組織委は辞任5時間後に後任として元経済官僚が内定したと発表した。すでにシナリオができていたと疑わしくなる。
当時、産経新聞が疑いの目を向けてはいたが、中央日報も「政府との不和」が原因だという指摘をしていた模様。「更迭」とぶっちゃけたのはマズかったかな?(笑

と、話が逸れたが、この逮捕状請求で平昌五輪の開催に影響が出そうだというのは、分かった。
前回の時もかなりヤバイと言われていたし、影響は多分あるだろう。
趙委員長の辞任に伴って、韓進グループから派遣された人材もいなくなる。中央日報などによると、幹部5人、職員33人が平昌五輪の実務の相当部分を担っていたという。脆弱な組織に穴が開いて、どう埋め合わせるのか。
今回も多分、組織に穴が開くのは避けられそうに無い。

五輪記念紙幣が燃えた! 「デザインが粗悪」「恥かかせるのか」とSNSで炎上中

2016.12.25 18:00
 世界的なスポーツの祭典である五輪。開催国は国の威信を懸けて万全の準備に努めるが、韓国は2018年2月に開催される平昌五輪の機運を盛り上げようと打ち出す企画がやることなすこと杜撰で、自国のインターネットで必ずと言っていいほど批判にさらされる。
そういえば、記念切手のような記念紙幣にも批判が集まっていたような……。
平昌五輪を記念して韓国銀行が発表した記念銀行券。デザインに関してネチズンから非難が続いている(韓国銀行のホームページから)

まあ、やる気の無いデザインではあるな。



実際に平昌五輪に対する準備の進行状況がどうなのかは、気にしているのだが、めぼしい記事は見当たらない。
それでも記事を探していくと、ピクトグラムが公開とか、施設の事後活用について討論とか、そんな話は幾つか見つけたが、施設が完成したというような記事を殆ど見つけられなかった。

羽生選手が活躍する平昌冬季五輪のアイスアリーナ、14日に完工

2016年12月14日14時43分
  平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)のスケート競技会場がいよいよその姿を表す。
  14日にオープンする江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)のアイスアリーナだ。2018年平昌五輪ではショートトラックとフィギュアスケートがここで開かれる。
順調だと言われていたアイスアリーナですらこの有り様である。
なんと、ショートトラックとフィギュアスケートの一部の競技が同じ日に開催を予定しているのだとか。
問題になったスキー会場とか、ボブスレー会場とか、どうなっているのか。

<平昌冬季オリンピックG-2年>競技場建設工事は巡航、テストイベント相次ぎ開催

2016年02月09日14時34分
  世界の人々の祝祭の場となる2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの競技場は計12カ所だ。江原道は本大会を2年後に控えて種目別の競技場建設を加速化させている。
去年2月の時点で工程率50%とか言っていたような……。

えっと、今年の2月にはクロスカントリーやスキージャンプ、リュージュのワールドカップが予定されているらしいぞ。

間に合うのかな??
追記
あらー、また厄介な話が。

IOCの知恵、平昌競技場の「五輪の呪い」防げるか

2017年01月18日13時11分
「平昌(ピョンチャン)の悩み」と「国際オリンピック委員会(IOC)の悩み」が会う。オリンピック(五輪)の最大の悩みである「施設の事後活用」について真摯な討論が行われる。24日にソウル松坡区(ソンパグ)オリンピックパークテルで開催される「2018平昌オリンピックレガシーシンポジウム」でだ。世界生活体育連盟(TAFISA)と国会オリンピック特別委、江原道(カンウォンド)などが共同で主管し、IOCが後援する。
いや、IOCはオリンピックを開催する為の組織で、その後の施設利用を積極的に推進できる立場じゃねーから。「事後活用を推奨」する立場だから。
他人事みたいな記事だ。が、競技場の有効利用は確かにIOCとしても取り組むべき課題ではあるが、活用するのは開催国にしか出来ない。
平昌も悩みが多い。当初は競技場の建設を最小化しようとしたが、「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」のために多くのことがこじれた。IOC調査団から「競技場はよく準備したが、事後活用計画が十分でない」という指摘も受けた。
ここでも偉大な呪術師の名前が出てきているが、事後活用の話は関係無いからな?
それどころかこんな話が出てきちゃった。

<平昌五輪HP>竹島を韓国名表記…外務省が対応要請

毎日新聞 1/20(金) 2:30配信
 2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会が公式ホームページ(HP)の地図で、島根県の竹島を韓国名の独島と表記し、外務省が韓国政府に対応を要請したことが19日、関係者への取材で分かった。
オリンピックと1ミリも関係無い政治的な話が、平昌五輪公式サイトにあるというのだ。

 

「東端を守る自負心を持つ韓国人の心に、Dok-doは格別な場所となっている」とか書かれているらしいが、そもそも島の説明からして不要だよね?

 

追記2

なんと、五輪担当相は辞任してしまった。

平昌五輪まで1年、担当相空席に 逮捕で辞任

2017年1月21日 21時23分

 【ソウル共同】韓国で政権に批判的な芸術家らを締め付ける「ブラックリスト」の作成を主導したとして、職権乱用容疑などで特別検察官捜査チームに21日逮捕された文化体育観光相の趙允旋容疑者が同日、閣僚職を辞任した。趙容疑者は2018年平昌冬季五輪の担当相で、2月で開幕まで1年となる中、担当相が空席になった。

文中では「影響があるかどうか」なんて書いたが、現実的にはクネクネは動けないし、担当相は空席になる。

そりゃ、影響が出ないわけは無い。

現実的には事務方が仕事をやってるので、仕事自体は回るのだろうが、それもトップがいればこそ。

早めに後任を選ばないとねぇ。



 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ