2016年7月12日火曜日

支那が沖縄にせめてくる理由

面白い記事があったので紹介したい。

中国が沖縄に攻めてこないわけ

投稿日:2016/5/27
かねてから不思議な理屈がある。「駐留米軍がいなくなると中国が沖縄を侵略する」がそれだ。
軍事専門誌ライターの書いた文章らしいが……、かなり意味不明である。

今、改憲は必要なのか?

日本国憲法が作られたのが、1947年。それ以内ノーメンテというのが信じられない。

<参院選>首相、民進に改憲議論促す 来月3日にも内閣改造

毎日新聞 7月11日(月)22時30分配信
 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、参院選で自身が勝敗ラインとした「与党で改選過半数」を大きく上回る議席を得たことを受けて、党本部で記者会見した。
もちろん、憲法改正の必要性が無ければわざわざ変える必要は無いだろう。が、現実問題として、様々な問題を抱えているのが日本国憲法である。

【選挙結果】安倍政権の勝利を危惧する支那

敵性国から心配されているのであれば、今回の結果は望ましいものだったと言うことだろう。

安倍政権の参院選勝利、地域の安定にとって危険=新華社論説記事

World | 2016年 07月 11日 11:51 JST

[上海 11日 ロイター] - 中国国営通信社の新華社は11日の論説記事で、日本で10日行われた参議院選挙で安倍晋三首相率いる与党勢力が勝利したことについて、首相が目指す憲法改正を支持する勢力が改憲の発議に必要な議席数に達する見通しとなり、日本と周辺地域の安定に危険をもたらすと警告した。

新華社通信の記事なので、支那共産党の公式見解と理解しても良いと思われる。