2015年12月14日月曜日

COP21で歴史的な転換点を迎えなかった地球温暖化対策

まあ、まとまることなど無いと思ってはいたけれど、やっぱりまとまらなかった模様。

COP21 「パリ協定」を採択

12月13日 3時32分
フランスで開かれている地球温暖化対策の国連の会議COP21は12日、京都議定書以来18年ぶりとなる新たな枠組み「パリ協定」を採択しました。発展途上国を含むすべての国が協調して温室効果ガスの削減に取り組む初めての枠組みとなり、世界の温暖化対策は歴史的な転換点を迎えました。
NHKのニュースだと、何か画期的な事があったみたいに感じるんだけど……。

支那の巨大債務爆弾は、米FRB利上げ決定に耐えられるか?

明日、明後日のFRBの決定を固唾を呑んで見守っているのは、日本だけでは無いハズだ。

【FRBウオッチ】利上げは景気循環に逆行か、雇用統計は黄色信号

2015/12/14 07:45 JST

(ブルームバーグ):米国の金融政策当局者はデータ次第と唱えながら、15、16両日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切る方針を強く示唆している。

アメリカが何時のタイミングで利上げに踏み切るのかは、ハッキリとは分かっていないが、「年末には」と言い続けてきたことに偽りは無いだろう。