2015年8月5日水曜日

高校で近現代史を教えることはできるのか?

教育する必要性というのは、僕も分かるんだけど、「教えられるの?」という疑問はついて回る。

近現代史で新科目=高校、18歳選挙で「公共」も―指導要領改定で骨格案・文科省

時事通信 8月5日(水)15時53分配信
 文部科学省は5日、2016年度にも全面改定する学習指導要領の方向性を示す骨格案を明らかにした。
 高校の新たな必修科目として、日本と世界の近現代史を合わせて学ぶ「歴史総合」や、選挙権年齢の18歳引き下げを踏まえ社会参画に必要な知識を学ぶ「公共」を導入することが柱。小学3年からの外国語活動など英語力向上も打ち出した。
理想論としては、近現代史を学ぶ必要性、「公共」なる社会参画に必要な知識を学ぶべきだと思う。

高校生まで狩り出してデモをさせる共産党

志位る’Sのメンバーが扇動したらしいのだが、高校生は学業に励めよ。基本的なことが分かってないぞ?

渋谷で高校生デモ「安保法制反対」 SNS通じ集まる

2015年8月2日20時16分
 参院特別委員会で審議中の安全保障関連法案に反対する高校生らのグループが2日、東京・渋谷でデモを行った。
しかしまあ、渋谷デモが流行っているらしいけど、高校生まで動員とは恐れ入るな。

民主党の主張は、米国を見捨てろというものだ

想定外の出来事は常に起こりうるのである。

民主、米艦防護の必要性に疑義=安倍首相「同盟強化」訴え反論


 世界最強の米海軍を自衛隊が守る必要はあるのか-。安全保障関連法案を審議する4日の参院特別委員会で、政府が集団的自衛権の行使事例の一つとする米艦防護に民主党が疑問をぶつけた。安倍晋三首相は「精強性の高い自衛隊が協力することで米軍の安全性が高まる」と述べ、日米同盟強化の観点から必要と主張した。ただ、首相は米軍の運用を明らかにできないとの説明を繰り返し、議論はすれ違いに終わった。(2015/08/04-19:37)
民主党は、3.11で「原発安全神話は崩壊した」と主張したではないか。現時点で世界最強のアメリカ海軍に、日本の自衛隊が手伝えることはないというのは「アメリカ軍最強神話」に他ならないのでは?

辺野古工事中断と振興費増額を求める沖縄県

沖縄をつけあがらせるだけなんだけどねぇ。

<辺野古工事中断>政権、柔軟姿勢を演出…支持率低下恐れ

毎日新聞 8月4日(火)21時59分配信
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、政府は4日、移設に関する作業を10日から9月9日まで1カ月間は中止し、沖縄県と集中的に協議すると発表した。
毎日新聞などは、喜んじゃってこんなタイトルをつける始末である。