2015年6月25日木曜日

支那で行われる人権蹂躙の実態 その3

第3弾はそろそろソースが怪しくなってきたが法輪功である。ああ、最初に忠告を。この記事は気の弱い方は読むことをお勧めしない。

インドのシンクタンク:法輪功の共産党内暴露の恐れ


更新: 2015年6月20日12:37 PM [NYT]
時事通信によると[NTD 2015 6月20日公聴会は、エポック6月20日、報告インドのシンクタンク 6月9日発行の有名な研究者·シャンカール(ビジェイの「平和研究所紛争」(平和学の研究所) Shanka)資料では、と述べた法輪功真実性、思いやりに基づいて、忍耐の信仰は、挑戦共産党の人々を洗脳するの無神論と長期的政策を、したがって、弾圧につながるが、政権の抑制だけでなく、その内部公開恐れを。
注:自動翻訳のままです
日本では殆ど報道されない法輪功のニュースだが、海外では多少扱われるようだ。

徴兵制復活論で割れる民主党

僕としては徴兵制復活の議論は国会でやっても良いとは思っている。ただし、安保法案を審議してからだがな!!今じゃ無いぜ!!

民主、今度は「徴兵制復活論」連呼 妻の心配事も紹介 「長男も将来、徴兵制にとられるのでは」

2015.6.25 05:00

 岡田克也代表ら民主党幹部が「徴兵制復活」を連呼している。安全保障関連法案に反対する根拠と位置付けているようだが、法案と徴兵制は直接結びつかず、政府も一貫して否定している。安倍晋三政権の“危険性”を強調したいがためのイメージ戦略とみられるが、党内からも岡田氏らの極論を懸念する声が出ている。

しかし、徴兵制度の話をして党が割れるって、民主党とは一体何なのか……。

共産党の外交・防衛政策に関する妄想

「あんな事良いな、出来たら良いな♪」

「外交で友好関係を築き、自衛隊解消へ」 共産・志位氏

2015年6月23日20時57分
■志位和夫・共産党委員長
 (党の安全保障のスタンスを記者に問われ)日米安保を廃棄する展望をもっているが、自衛隊を一緒に解消するという立場ではない。
中途半端に現実的な意見……だと思ったらやっぱり妄想だった(笑)