2015年6月1日月曜日

理解不能なこじつけを社説で垂れ流す沖縄タイムス

呆れるほどの内容だったので紹介しておこう。

社説[専守防衛解釈拡大]理解不可能なこじつけ

2015年5月30日 05:30

憲法9条に基づく戦後日本の国是である「専守防衛」が解釈の拡大によって骨抜きにされようとしている。 
専守防衛が日本の国是だったのかどうかは不勉強の僕には理解出来ないのだが、専守防衛であっても集団的自衛権の行使容認は何ら矛盾しないと思うんだがね。

ビル管理に求められる地震対策

意外なことに、民間丸投げだったこの問題、根は深そうだ。

<小笠原沖地震>エレベーター停止1.3万台 首都対策急務

毎日新聞 6月1日(月)8時0分配信

 30日夜に小笠原諸島西方沖で発生し、関東地方1都6県で最大震度5強~4を観測した巨大地震で、高層ビルやマンションで停止したエレベーターは関東を中心に少なくとも約1万3000台に上ったことが、各管理会社のまとめで分かった。

何でもかんでも国に任せるべきだという論調は好きでは無いが、対応は急務であると思われる。だとすれば、民間任せでは解決は難しいだろう。

市場介入を明言する韓国

いわゆる口先介入の段階ではあるが、為替介入でアメリカに怒られたばっかりだろうに。

円/ウォンの下落速過ぎる、スムージングオペ実施も=韓国企画財政省

2015年 05月 29日 11:59 JST

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国企画財政省国際金融局のSong In-chang局長は29日、ロイターに対し、ウォンの対円での急激な上昇を抑えるため、必要なら「スムージングオペ」を実施すると述べた。
いやでもさ、この前も記事にしたのだけれど、「必要なら」って、頻繁にやってるじゃん?