2015年5月20日水曜日

韓国の徴用者遺族、韓国政府に補償金の返還を請求

この話、実はこれが初めてでは無い。過去にもこの手の話は何度か浮上してはいたのである。

強制徴用被害者遺族、韓国政府に3億ドルの返還求める

記事入力 : 2015/05/20 07:26
 日本統治時代、戦争に関与した企業に強制的に動員された朝鮮人軍人・軍属の遺族が19日「韓日請求権協定に基づき、無償で支援された3億ドル(現在のレートで約362億円、以下同じ)を遺族に返還せよ」と求める声明文を発表した。
ただ、色々な事情があって今回再び声明文が出されるに至った模様。

翁長氏、27日に訪米

何を訴える気なのか。

辺野古反対、米に伝える=翁長沖縄知事

時事通信 5月20日(水)12時33分配信
 沖縄県の翁長雄志知事は20日午前、日本記者クラブで記者会見し、日米両政府が進める米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、「辺野古の問題は米国も当事者だ。日本の国内問題にとどまらない」と述べ、27日からの訪米で米政府関係者らに移設反対を訴える考えを示した。 
アメリカの政府関係者は、どう思うんだろうな。

THAADの踏み絵をアメリカ国防長官に迫られる韓国

正確には「韓国軍」じゃ無いんだけど、関連事項ではある。

米国務長官、THAAD問題を取り上げて、また「韓半島配置論議」に火を付けた

入力 2015.05.19。08:48 | 修正 2015.05.19。09:13
ジョン·ケリー米国務長官が米国の高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の韓半島配置の必要性に言及して波紋が広がっている。
まあ、国務長官の立場であれば言及するよね。