2015年3月3日火曜日

送電分離とガス自由化の意味

思い切ったことをやるねぇ。

20年に発送電分離=ガス自由化、17年―閣議決定

時事通信 3月3日(火)8時47分配信
 政府は3日、電力会社の送配電部門を別会社に移す「発送電分離」を、2020年4月に実施することを盛り込んだ電気事業法改正案を閣議決定した。都市ガスの小売りを17年をめどに全面自由化し、ガスを利用者に送る「導管」の管理・運営事業を22年4月に別会社化するガス事業法改正案も決定。通常国会での法案成立を目指す。
この結果、何が起こるのか?と言う話だな。

太陽光発電の売電価格が引き下げられ、戦略の見直しを迫られるメーカー

当然の流れですな。

「もう終わった」vs.「これからが本番」:太陽光発電の今後

2015年3月2日号掲載
経済産業省は2月24日、再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づく、2015年度の価格案を示した。事業用(出力10kW以上)の太陽光発電は、4月にkWh当たり29円(14年度と比べ3円減)とし、7月からさらに2円下げ、27円とする(いずれも税抜価格)。
政府は太陽光発電の価格をさらに下げる、それが今後の流れだと思う。最終的にはkWhあたり10円台になっていくだろう。

韓国、推進体系陸上統合試験場を完成させる

……必要なのか?それ。

潜水艦推進陸上試験場が完工 世界で3番目=韓国

記事入力 : 2015/02/27 14:39
【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は27日、韓国電気研究院(KERI)で政府や開発事業者の関係者ら約150人が出席して、韓国海軍の潜水艦「張保皐3」(3000トン)の推進体系陸上統合試験場(LBTS)の完工式を行ったと明らかにした。
記事を読んでもよく分からない人が多いと思う。