2015年2月23日月曜日

ウイグル自治区で再び弾圧

この手のニュースは、必ず地元警察などが襲撃されたみたいな切り口でしか取り上げられない。

中国・新疆で公安車両狙い爆弾テロか、11人死亡 犯人の親族20人余拘束

2015.2.20 13:11

米政府系放送局ラジオ自由アジアは20日までに、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル地区カルギリク県でこのほど、ウイグル族の青年4人が爆発物を使って公安車両を襲い、4人を含む11人が死亡したと報じた。公安当局は4人の親族20人余りを拘束したという。
だが、平和な地域で警察を襲撃する理由など無いのであって、その背景にあるものを考えると恐ろしい。ウイグル人たちはそこまで追い詰められているのである。

与那国島の騒ぎ

本日は、国防関係でもう1本。

陸自配備、賛成が過半数 与那国町住民投票

産経新聞 2月22日(日)20時51分配信
 日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が22日行われ、賛成票が過半数を占めた。来年3月に部隊配備を完了させる方針の防衛省にとって弾みがついた形。ただ、駐屯地予定地を縦断する町道の廃止と駐屯地への水道の引き込みについて町議会の議決を得なければ施設整備に支障が生じ、配備反対派は施設建設差し止め訴訟を起こすことも検討しており、なお楽観はできない。
住民投票の結果は、国防には無関係なので特に気にしていなかったが、過半数の賛成が得られたというのは少々意外だった。

今年の「竹島の日」はどうだったのか?

政府としては無難に運んだつもりだったようだ。

【竹島の日】「どうせ非難…首相が出席すればいい」 韓国に“配慮”効果なし、地元・自民から不満

2015年2月22日 21時33分
 韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の返還を求める「竹島の日」記念式典に、政府が派遣したのは3年連続で内閣府政務官だった。
 首相や閣僚が出席しないのは韓国との過度の摩擦を避けるためだが、韓国側はその政務官の派遣さえ非難している。効果のない政府の“配慮”に自民党内や地元の島根県からは不満の声も上がっている。

しかし、自民党内からは不満の声も上がっている模様。まあ、当然だよね。