2014年11月26日水曜日

支那バブル、崩壊へ邁進

ZAKZAKの記事だから割り引いて考えるにしても、支那の住宅バブルが弾けているのはもはや誤魔化しようが無い。

中国、住宅価格の“暴落隠蔽” 不動産市場深刻 止まらぬ経済崩落(1/2ページ)

2014.11.25

 中国経済の崩落が止まらない。金融大手HSBCが発表した11月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は50・0と半年ぶりの低水準になった。住宅価格も下落が続くなか、中国人民銀行(中央銀行)は金融機関の貸し出しと預金の基準金利を引き下げたが、経済成長を維持できるかは不透明だ。

問題は、支那のPMIが信用できるか?って辺りかな。

朝日新聞が認めるアベノミクスの効果

流石朝日。

(衆院選)政権公約・自民―実績ばかり並べても

2014年11月26日(水)付

 自民党の政権公約は「景気回復、この道しかない」と掲げ、経済再生と財政再建をともに実現すると宣言している。

意味不明である(笑)

原発廃炉の損失と、安心確保の天秤

朝日新聞が原発廃炉に関する記事を出していた。

原発廃炉の損失、1基210億円 運転40年超を試算

朝日新聞デジタル 11月26日(水)9時21分配信

 経済産業省は25日、2016年7月時点で運転を始めてから40年を超える原発7基について、電力会社が廃炉を選んだ場合、1基あたり平均210億円ほどの損失が生じるとの試算を発表した。電力会社が廃炉を決めても、一度に巨額の損失を計上しなくても済むように、年度内にも会計処理ルールを見直す。

1基毎に210億円とあるが、残念ながらこの数字は架空の数字だ。

韓国軍、欠陥水上救助艦を来年戦力化へ

え?

韓国救助艦「統営」、装備欠陥も早ければ来年戦力化

2014年11月25日09時32分

  2年間ほど引き渡しが延期された救助艦「統営(トンヨン)」が早ければ来年にも戦力化される。1590億ウォン(約170億円)を投入して建造した「統営」は2013年末に海軍に引き渡される予定だったが、一部装備に欠陥が見つかり、巨済島玉浦港に放置されている。4月のセウォル号事故にも投入できなかった。

欠陥はどーすんのよ。