2014年8月17日日曜日

憲法9条をノーベル賞に推薦する勢力の正体

わかっていたが、堂々とまあ。

韓国野党議員「日本の憲法9条をノーベル平和賞候補に」

記事入力 : 2014/08/15 23:17
 韓国最大野党・新政治民主連合の李鍾傑(イ・ジョンゴル)議員は15日、ソウル市内の「白凡(ペクポム)金九(キム・グ)記念館」で、「韓国と日本の国民たちの良心と平和の連帯を成し遂げなければならない。そのためには日本の憲法9条『平和条項』をノーベル平和賞候補にすべきだ」と主張した。
何故か不思議なことに、韓国の野党議員が日本の憲法9条をノーベル賞に、などと言い出した。

ケビン・メア氏にアホ扱いされる一部の野党やメディア

ほんっと、スミマセン。

「抑止力なしでは逆に戦争の可能性が高まる」 元米国務省日本部長ケビン・メア氏 (1/2ページ)

2014.08.14
 集団的自衛権の行使を容認する安倍晋三内閣の閣議決定から約40日が過ぎた。左翼勢力や一部メディアによる「戦争への道」「徴兵制になる」といった情緒的扇動も、やっと落ち着いてきた感がある。直言で知られるケビン・メア元米国務省日本部長に改めて、集団的自衛権の本質、米国の本音、安倍内閣への期待、これからの日米関係などを聞いた。
元国防総省日本支部長という職務柄の立場もあるのだろうが、スバリと切って落とされたね(笑)