2014年6月18日水曜日

日本は集団的自衛権を行使してシーレーンを守れるのか?

公明党が「何故か」反対している集団的自衛権の行使の話。

エネルギー/中東安定化/積極平和主義→「機雷掃海」譲れぬ首相

産経新聞 6月18日(水)7時55分配信

 安倍晋三首相が並々ならぬ意欲を示す集団的自衛権の行使としての戦闘下でのシーレーン(海上交通路)の機雷掃海。中東情勢が悪化するたびに不安定化するペルシャ湾・ホルムズ海峡での活動は日本にとって欠かすことができないと首相は判断している。ただ、集団的自衛権の行使対象を朝鮮半島有事など日本周辺に限定したい公明党との歩み寄りはまだ道半ばだ。

特にシーレーンに関しては公明党は渋いようだ。

再生可能エネルギー発電の固定費買い取り制度見直しへ

遅いくらいだ。

経産省:再生エネルギー固定価格買い取り制度を見直し

毎日新聞 2014年06月13日 19時23分

 経済産業省は13日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しに着手すると明らかにした。安倍政権は再生エネルギーの導入を拡大する方針だが、電源としては高コストで、普及が進むほど電気料金が上昇する。このため国民負担の抑制と導入加速を両立させる具体策を検討する。

拙い制度は、見直しをする。当たり前だな。

サイバー攻撃を共同監視?

えっと?

サイバー攻撃共同監視 日中韓技術者連携

2014年6月16日 夕刊

 領土や歴史認識問題をめぐり対立する日本と中国、韓国の間で、お互いへのサイバー攻撃拡大を防ぐための技術者団体の連携が進んでいる。各国政府の支援を受けた団体間にホットラインを設置し、公的機関へのハッキングなどの兆候を共同で監視する異例の試みだ。日本の終戦記念日などに合わせた攻撃が三カ国間で急増する中、被害最小化に向け協力する。

日本はサイバー攻撃を支那や韓国から受けているわけだが?

ウクライナのガス輸送パイプライン爆発

何が起こったというのか。

ウクライナ東部でガス輸送パイプが爆発

公開された時間:2014年6月17日午後01時01分
ウクライナ東部のポルタヴァのガスパイプラインで爆発が発生した。目撃者によれば、炎が200メートルの高さまで上がった。RIAノーボスチが報じた。

ロシアとウクライナとのガス未払いに関する交渉が決裂した後の事件である。関連を疑わないほうがおかしいだろう。