2014年4月14日月曜日

韓国から鳥インフルエンザ?

迷惑な。

<鳥インフル>専門家「韓国由来の可能性」

毎日新聞4月14日(月)11時31分

 ◇農水省が対策本部

 熊本県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑い例が確認されたことを受け、農林水産省は13日、対策本部を設置した。林芳正農相は「蔓延(まんえん)防止には初動対応が重要。気を引き締めて対応してほしい」と訓示。小里泰弘政務官を県に派遣した。また感染ルートを調べるため、専門家らによる「疫学調査チーム」を現地に派遣。省内で学識経験者による「家きん疾病小委員会」も緊急に開いた。

支那でも人に感染するヤツが問題になっているが、韓国でも鳥インフルエンザが流行っている。

三菱重工、放射性廃棄物処理技術の実用化実験開始

ふむ。

放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ

2014/4/8 7:00

 三菱重工業は重水素を使い、少ないエネルギーで元素の種類を変える元素変換の基盤技術を確立した。原子炉や大がかりな加速器を使わずに、例えばセシウムは元素番号が4つ多いプラセオジウムに変わることなどを実験で確認した。将来の実証装置設置に向け、実用化研究に入る。放射性セシウムや同ストロンチウムを、無害な非放射性元素に変換する放射性廃棄物の無害化処理に道を開くもので、原発メーカーとして実用化を急ぐ。

実現出来たら凄いな。

韓国人に狙われる対馬の不動産

スパイがワンサカ押し寄せてくるぜ。

韓国人が対馬で不動産取得、日本で「スパイ論」が浮上=中国報道

2014-04-12 06:48

 中国国営通信の新華社は11日、韓国人が長崎県・対馬にある自衛隊基地周辺の不動産を購入していることについて、「日本の一部政治家や右翼団体は、韓国側のスパイ活動ではないかとの疑問を抱いている」と報じた。

防衛関連のニュースで、まだまだ日本という国が「防衛」という意識について希薄だなと感じる瞬間だ。

韓国の即席粥(細菌兵器)、シンガポールでリコール

食品兵器とでも申しましょうか。

韓国のアワビ粥、リコール

 韓国製即席粥から細菌が検出されたとして、シンガポール農産品・畜産物監督庁(AVA) が製造・販売元に、販売を中止し回収するよう要請した。
 AVAの4月9日発表によると、ヤンバンのアワビ粥(Yangban brand of rice porridge with abalone)を食べると吐き気を催し倦怠感を覚えるという。AVAはすでに購入した消費者に対して、食べないように呼びかけている。
2014/04/10

まあ、日本ではこの手の物はお目にかからないと思うが、ご注意を。

仏像の即時返還を拒否する韓国政府

いつも通りだな。

対馬仏像返還で却下要請 韓国政府 原告資格が争点

2014.4.12 09:19 [韓国

 長崎県対馬市から仏像2体が盗まれ韓国に持ち込まれた事件で、2体のうち海神神社の国指定重要文化財「銅造如来立像」について、韓国の市民団体が同国文化財庁を相手に日本への即時返還を求めた訴訟の弁論が11日、ソウル行政裁であり、文化財庁側が請求の却下を求めて結審した。判決は5月2日に言い渡される。

対馬の仏像騒ぎは記憶に新しい人も多いだろう。韓国の非常識さを如実に表した話だとも言える。


このブログでもその話には言及している。

タイトルを読むだけで頭が痛くなる。

 

さて、今回はどんな話かというと、韓国の市民団体が「仏像はやっぱり返そうぜ」という訴訟を起こした訳だが、何故か韓国文化庁が請求却下を求める騒ぎに。

結論は5月2日になるとのこと。

 原告は、海外にある朝鮮半島由来の文化財返還に取り組む市民団体代表の韓国僧侶、慧門さん。原告側は、今年1月末までに事件の刑事裁判が終わっており、証拠品として管理する必要がなくなった仏像を即時返還するべきだと主張。「韓国の国民として、行政当局の不当な処分の是正を求める権利がある」と指摘した。刑事訴訟法が、刑事裁判終了から3カ月以内に証拠品の処理を決定するよう定めているとも訴えた。

 これに対し、被告側は「同法が定める3カ月は、証拠品の所有者が返還を請求できる期間で、検察の決定期限は定められていない」と反論。検察の決定を待った上で、返還すべきかどうかを判断すると述べた。

どう考えても原告側の方がまともな思考をしているように思えるが、流石にニュースだけでは分からないな。

ただ、一つ言えることは、日本から盗み出されたものは日本に返されるべきだという当たり前のことが出来ない、それが韓国と言うことだ。ユネスコの条約を破棄する積もりが無いなら、さっさと返したまえ。


 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ