2014年2月24日月曜日

韓国軍KF-X、要望は高く、現実は厳しく

まあ、やるんだったらしっかりしたものを作りたいという気持ちなら理解できるが……。

次期戦闘機:メーカーは単発機、空軍は双発機を希望

記事入力 : 2014/02/21 09:37

 開発費と量産費を合わせると20兆ウォン(現在のレートで約1兆8900億円、以下同じ)前後に達する韓国史上最大の兵器導入事業、韓国型戦闘機(KFX)。このKFX事業をめぐり、韓国空軍が国防部(省に相当)に対し「エンジン1基の単発機ではなくエンジン2基の双発機を希望する」という立場を公式に伝えたことが、20日までに確認された。

しかし、未だにこんな事言っていると、間に合わんよ?

防衛省と一般競争入札

まあ、防衛省が鉛筆とか消しゴムを買うとかってんなら、一般競争入札すればいいと思う。が、武器作るのに一般競争入札をすれば良いのだ!と考える神経がよくわからない。

防衛調達、形骸化の「入札」見直し コストダウンへ随意・長期契約推進

2014.2.19 07:37

 防衛省は18日、同省が発注する防衛装備品の調達について、一般競争入札を一律に適用する原則を見直し、随意契約や長期契約を推進する方針を固めた。官民双方で長期・安定的なパートナーシップを構築し、防衛産業を育成・保護するのが狙いだ。4月をメドにまとめる「防衛生産・技術基盤戦略」に盛り込み、平成27年度の防衛装備品の調達から随意契約や長期契約を増やしたい考えだ。

随意契約すればいいと思うよ。