2013年12月25日水曜日

南スーダンの混乱

自衛隊が韓国軍に銃弾を供与した関連で南スーダンの話に触れたのだが、このブログでは特に扱ってこなかったネタである。

米 南スーダンの事態収拾急ぐ

12月25日 11時43分

民族対立を背景にした武力衝突が続く南スーダン情勢について、アメリカ政府は、ケリー国務長官と現地に派遣している特使が、対立する大統領と前副大統領の双方に戦闘行為を停止するよう強く迫り、事態の収拾を急ぎたい考えです。

だが、PKO派遣された部隊が危機に陥るなど、現地では混乱が続いている。一体、南スーダンで何が起こっているのだろう?

自衛隊の銃弾供与に八つ当たりする韓国紙

本当に、反日目的だと見境無いな。

自衛隊「弾薬提供」に八つ当たりの韓国紙 「日本はいわば殺人犯、レイプ魔なのに…」

J-CASTニュース 12月24日(火)18時10分配信
 南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に当たる韓国軍に対し、自衛隊が弾薬1万発を提供したことが波紋を広げている。
現実が気に入らないからと言って、この言いぐさである。