2013年7月21日日曜日

尖閣諸島史料に関する妄言

すごいなこの教授。

日本側の尖閣諸島史料は捏造―日本人教授

Record China 7月20日(土)19時30分配信

2013年7月19日、日本の村田忠禧・横浜国立大学名誉教授はこのほど新華社の独占インタビューで「尖閣諸島(中国名・釣魚島)は決して日本固有の領土ではない。日本側は尖閣諸島に『領土係争は存在しない』との主張を強化するため、事実でない記録を捏造したり、関連史料を公表する際に削除を行なった」と述べた。新華社電を基に京華時報が伝えた。



無論、自分の史料は捏造じゃないと、そう主張するわけだな。

韓国が警戒する参院選

余計なお世話だ。

「保守政策本格化」と警戒=8月15日を注視―韓国【13参院選】

時事通信 7月21日(日)20時57分配信

 【ソウル時事】参院選で与党が過半数獲得を確実にしたことについて、韓国世論は、安倍政権が「憲法改正と集団的自衛権の行使容認など保守政策を本格化するだろう」(YTNテレビ)と警戒を強めている。

ねじれ解消はほぼ確実となったが、自民党政権の課題は山積みである。