2013年7月4日木曜日

無事終了した日韓通貨スワップ協定と、利用されない中韓通貨スワップ協定

無事、日韓通貨スワップ協定は終了した!めでたい!

で、その結果、韓国は支那とスワップ協定を強化せざるを得なかったのだが……。

なぜ日韓通貨スワップ協定は「破局」したのか=中国メディア

2013/07/04(木) 13:14

  中国メディア・中国網は4日、30億ドル規模の日韓通貨スワップ協定が延長されることなく3日に満期を迎えて終了したことに絡めて、日本の歴史認識や国際協力における態度を批判する評論記事を掲載した。

支那はこの協定について、一定の評価をしているようだ。

docomoでXperia AがダブルスコアでギャラクシーS4に差をつける

docomoの戦略自体はそれ程悪くはなかったようだが、それでもツートップ2機種でこれ程の差が出るとは。

ドコモ、スマホ値引きで明暗 主力120万台超 対象外は1万台も

2013.7.4 10:02

 NTTドコモが実質的な値引き発売に踏み切ったスマートフォン(高機能携帯電話)の主力2機種の販売台数が、5月中旬から6月末までに120万台を超えたことが分かった。値引き対象になったソニーの「エクスペリアA(エース)」とサムスン電子の「ギャラクシーS4」が、それぞれ83万台、40万台に上った。一方で対象にならなかったパナソニックやNECのスマホは1万~1万5000台にとどまり、値引き戦略の影響が色濃く出た。

120万台とは、売れてるね~と、思いつつ、記事をよく読むと、ギャラクシーS4の売れて無さにビックリである。看板のうち1枚が腐っていたdocomo、ギャラクシーS4の販売を続けるのか?でも書いたが、差が付いているね。

参議院戦公示で433人届け出

多いね。

アベノミクスの是非問う=433人届け出―参院選公示、21日投開票【13参院選】

時事通信 7月4日(木)8時33分配信

 第23回参院選が4日公示され、21日の投開票に向け、17日間の選挙戦が始まった。昨年12月の第2次安倍内閣発足後、初の全国規模の国政選挙で、安倍晋三首相が推し進める経済政策「アベノミクス」の是非に加え、憲法改正や原発再稼働への取り組みが問われる。自民、公明両党が非改選と合わせ、過半数の122議席以上を確保し、衆参両院で多数派が異なる「ねじれ」が解消するかどうかが最大の焦点。選挙期間中のインターネットの活用が初めて解禁され、各党・候補者の選挙運動も多様化する。

投票日は7月21日で、参議院定数は242人うち121が改選議席だ。

参院選公示

今回の選挙、前回までと大きく違うのはネット選挙が解禁された点だ。

参院選公示・日本初のネット選挙運動もスタート

ITmedia ニュース 7月4日(木)1時32分配信

 第23回参院選が7月4日公示され、21日の投開票に向け、初めて解禁されたネット選挙運動の火ぶたも切られた。日付が変わった4日午前0時には、各党の党首がライブ配信を活用して「第一声」。ネット越しの視聴者に向かって選挙戦への意気込みと支持を訴えた。

各党の党首は、ネット選挙運動にも力を入れるつもりらしいが、一方で、投票権を持つ国民としてはこのネット選挙運動に関してどう対応したらよいのだろう?