2013年5月5日日曜日

「女性手帳」(仮称)は効果があるか?

やらないよりはマシだろうが、少なくとも「女性手帳」(仮称)の使い勝手は良くすべきだと思うぜ。

政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて

2013.5.5 11:00 (1/2ページ)[女性
 政府が、女性を対象に10代から身体のメカニズムや将来設計について啓発する「女性手帳」(仮称)の導入を検討していることが4日、わかった。医学的に30代前半までの妊娠・出産が望ましいことなどを周知し「晩婚・晩産」に歯止めをかける狙いだ。6月に発表する「骨太の方針」に盛り込む方向で調整している。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130505/plc13050511030006-n1.htm

確かに晩婚化、ってのは良いことじゃない。その対策の一助に「女性手帳」(仮称)なるものが効果があるか?は、僕には少々疑問だ。



妊娠、出産というのは女性にとって人生の大きな転機となる。
それなのに、その重要なことに対する教育や啓蒙活動がなおざりになっているのが日本の現状だ。
 政府は少子化対策として産休や育休を取りやすくする制度改正、子育て世帯中心の施策を優先してきたが、晩婚・晩産化対策も少子化解消には必須と判断した。安倍晋三内閣はこれを重点政策に位置づけており、骨太の方針に反映させた上で、来年度予算に調査費などを計上したい考え。
40代で初産、ってはっきり言ってかなりの罰ゲームの部類に入るのだと、個人的には思う。無論、本人が望んでそうなった結果なのだから、とやかく言うべきではないかもしれないが。
だが、しっかりした知識があれば、或いはもっと早くに出産を、という選択肢はあり得たはずなのだ。多くの人は、望んで晩婚化、晩産になったわけではないだろうから。
 内閣府の「少子化危機突破タスクフォース」(議長・森雅子少子化担当相)は、妊娠判明時点で自治体が女性に配布する「母子健康手帳」よりも、早い段階からの「女性手帳」の導入が効果的とする見解を近く取りまとめる。子宮頸がん予防ワクチンを接種する10代前半時点や、20歳の子宮がん検診受診時点での一斉配布を想定している。
 医学的に妊娠・出産には適齢期(25~35歳前後)があるとされる。加齢に伴って卵子が老化し、30代後半からは妊娠しにくくなったり、不妊治療の効果が得られにくくなることも明らかになっているが、学校教育で取り上げられていない。
正直、例えば成人式の日に女性手帳なる手帳が手渡されたとして、果たしてそれが埃を被る状態にならないと、誰が断言できるだろう?寧ろ、使われること無くひっそりと机の奥底にしまわれることになるはずだ。どんなに素晴らしい印刷物をつくろうが、興味を持たれなければそこで終わりだ。下手したら、貰った翌日には可燃ごみとして捨てられる可能性すらある。そうなっては間違いなく税金の無駄遣いだ。

この対策は2つほどあると思う。
1つは、生理周期などを書きこむ様な頁を設ける、或いは女性の将来設計的なことを書きこむ頁を設けるなど、使い込めることを前提に設計する方法だ。
加えて、ある程度助言になるような内容が盛り込まれれば、少なからず使い道は出てくると思う。
だが、僕としてはもう1つの対策、即ち「女性手帳」(仮称)を使った授業を学校教育に盛り込むべきだと思う。
そもそも、世の多くの女性達は、中学校の性教育の時間、一体何をやってきたのかと。或いは、先生方は一体何を教えてきたのかと。そう思えるほど未熟な知識の持ち主の女性がなんと多いことか。

不妊治療に助成金をぶち込むくらいならば、半額を性教育の時間確保や教材の購入に回した方が有効なのではないか?とすら思える。


こんなことを書くと女性の方々から苦情が舞い込みそうだが、卵子の老化で大反響という記事でも触れたように、社会的に女性の出産、育児に対して積極的なバックアップ体制が整っていない日本では、現在、晩婚化、非婚化、或いは子供を設けないという選択肢を選ぶ女性も増えてきている。

しかし、子供が欲しいと願う女性にとっては、こうした風潮はマイナスにしか働かないわけで。
日本では殊、性教育についてタブー視しがちだが、しかし、知らないということは、大人になって非常に大きな不利益を被るのである。

「女性手帳」を配るのであれば、教育の観点から中学生のうちに、性教育の教材として使えるレベルで、そして、自分の生理周期や避妊に関する知識などを含め、しっかりと教育をする、というスタンスで考えるべきではないだろうか。
14歳の母親というドラマがやっていた時分、子供が子供を産むなんて、と随分騒がれたことがあった。個人的には14歳で子供出産かよ!と思わなくもないが、そういう選択をする人も居るだろう。望むと、望まざるとにかかわらず。だが、どういう選択をするにせよ、正しい知識を子供のうちから身に着けておくことは必要なことだと思う。
実践的な性教育をすることは、かえって子供達に性への関心を持たせることになる……、なんて馬鹿げた心配は不要だ。ネットには間違った性知識が溢れている。ネットでなくとも、本屋でもその手のおかしな内容の本は沢山ある。性を売り物にしたゲームや映画だって山ほどある。
かえって性知識がそうした文化への踏み石になるのだ、なんて心配も不要だ。鶏が先か、卵が先か等と議論したところで、無意味だからだ。何れは、どこかで性に対する関心が高まる時期が来て、そうしたときに先に間違った知識に触れるのか、先に正しい知識に触れるのか、という2つのケースを想定するしか無い。どっちがマシかなんて、考えるだけでも馬鹿馬鹿しい。

一方で、中学高校で性教育の行き過ぎが問題になっているという話もちらほら聞くわけだが……。
問題になるということはすなわち、教師の技量が足らないということを意味するわけだ。そりゃ、体育の先生が片手間に教えるようないい加減な授業では教えられる側にも身が入らないし、一方で、興味本位でいい加減な教育をしたとしても、誰もそこに踏み込むことは無いのである。そこまで、性に関する授業は軽視されている。
家庭ですら、正しい知識を教える機会は殆ど無いだろう。何故なら、肝心の親がそうした知識を得て来ていないのだから。
しっかりとした指導をすることを考えれば、学校教育現場に専門のスタッフを用意し、男女別にそれぞれ必要な知識を指導するようにすべきだ。年に何十回も必要になる授業じゃない。各市町村レベルで数名スタッフを用意する、或いは県下に数十名スタッフを用意する、それだけで、もっとマシな授業をすることだって可能なはずだ。
スタッフは専門的な教育を受けた人材を確保することと、と、スタッフの仕事として、性に対する悩み相談や各機関との連携等が図れるように整備されれば、日本の性教育はもっとマシになる。
そしてそれこそ、日本の人材育成の根幹に関わる仕事になる。と、僕は思うわけだ。

そこまで見据えての「女性手帳」(仮称)であれば、僕は今回のこの計画を評価したいと思う。
でなければ、税金の無駄遣いで終わるだろう。中途半端が、最も無駄なのだ。
ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

日・ASEAN会議開かれる

もう、ASEAN+1またはASENA+4で話を進めるのはどうだろう?

日・ASEAN会議

時事通信5月4日(土)10時6分

初開催された日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の財務相・中央銀行総裁会議に出席した麻生太郎副総理兼財務・金融相

http://news.biglobe.ne.jp/economy/0504/jjp_130504_5041053376.html

この会議、これまでの流れからいえばASEAN+3という枠組み、あるいは、ASEAN+6という枠組みで協議されるべきところである。

安定の安倍外交

こういう形で渡り合える総理の少ないこと。

「安倍外交」したたかに国益追求 資源国を歴訪 暗に「値切り」 

2013.5.4 21:30 [安倍首相

 安倍晋三首相が4日、ロシア・中東歴訪から帰国した。今回の歴訪で首相は「実利主義」と「総力結集」の姿勢に徹した。二国間関係だけをモノサシにせず、カードをちらつかせて相手の出方を瀬踏みし、したたかに国益を追求する「安倍外交」の一端を垣間見せたといえそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130504/plc13050421360014-n1.htm

国益をどんどん追求した外交を行って欲しい。

支那との外交がスムーズにいった歴史

確かに無いよね。

「中国とスムーズにいった歴史ない」麻生副総理 日印米豪の協力強調

2013.5.5 01:12 [中国])
 【ニューデリー=岩田智雄】インドを訪問した麻生太郎副総理兼財務相は4日、ニューデリー市内で講演。日中関係について、「インドは陸上で中国と国境を接し、日本は海上で接触を持っているが、われわれは過去1500年以上の長きにわたり、中国との関係が極めてスムーズにいったという歴史は過去にない」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130505/asi13050501140001-n1.htm

そんなの当たり前すぎてニュースになる話なのか?と疑問にすら思う。