2013年4月23日火曜日

お粗末、韓国のK-2戦車

お笑いシリーズに追記できそうな話だな。
通して読むと、乾いた笑いしか出てこない。凄いぜ韓国!そしてまた!

K-2戦車国産パワーパックの試験評価、また中断...エンジン停止

2013-04-22 14:34
軍の次期戦車K-2エンジンは、耐久性試験評価の間に止まって国産パワーパック(エンジン+変速機)試験評価が再び中断されたことが22日、確認された。
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0801m_View&corp=fnnews&arcid=13042214341628&cDateYear=2013&cDateMonth=04&cDateDay=22
K-2の開発は諦めた方が良いんでないの?

尖閣諸島を侵略すれば実力行使を辞さない

安倍氏が毅然とした答弁したようだ。

「中国漁民、尖閣上陸すれば強制排除」安倍首相

読売新聞4月23日(火)11時30分

 安倍首相は23日午前の参院予算委員会で、尖閣諸島の周辺海域で中国海洋監視船などによる領海侵犯が相次いでいることに関し、「領海に入って上陸するといういかなる試みにも、断固たる対処をすると当局に指示している」と述べ、中国側に上陸などの動きがあれば、海上保安庁などが阻止するとの考えを示した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0423/ym_130423_9442823554.html

ただ、支那の海洋監視船と相対するには、海上保安庁の巡視船には荷が勝ちすぎるのではないかと。

死せる三宅久之、生ける細野豪志を走らす

まあ、お粗末な話だ。

民主細野幹事長、偽三宅久之に釣られ赤っ恥 大物政治評論家の死去「すっかり忘れてた!」

J-CASTニュース 4月22日(月)15時51分配信

 「死せる三宅久之、生ける細野豪志を走らす」――そんな皮肉がネットで囁かれている。民主党の細野豪志幹事長が2013年4月20日、政治評論家の故・三宅久之氏になりすましたツイッターを本人だと思い込む失態を演じたのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000001-jct-soci

細野氏にとって、三宅氏の存在は重要視していなかったと言うことだろうね。

支那、鳥インフル死者21人、感染者106人

本日の報告だ。

鳥インフル、山東省にも拡大か…「疑い例」確認

読売新聞4月22日(月)22時9分
 【北京=竹内誠一郎】中国で拡大する鳥インフルエンザ(H7N9型)感染で、山東省政府は22日、同省南部の棗荘市の36歳男性に感染の疑いがあると発表した。
http://news.biglobe.ne.jp/international/0422/ym_130422_0794455362.html

新たな感染例が報告されているが、未だ疑いの段階である感染が確認された。


まずは、恒例の関連ニュース一覧だ。
本日、確認出来た情報は更に死者1人、感染者2人が増えたという情報だ。上記の未確認情報は人数に含んでいない模様。
つまり、山東省での感染疑いが陽性だと判断されれば、感染者106人となる。
上海市政府は同日、感染が確認されていた86歳男性が死亡したと発表。浙江省で2人の新たな感染が確認され、中国での感染者は105人、うち死者は21人となった。
が、問題は、ニュースの内容だ。
 山東省政府によると、36歳男性は同省で初めて確認された「疑い例」。すでに中国疾病予防コントロールセンターへ男性のサンプルが送られ、最終確認が進められているという。

中央のコントロールセンターにサンプルが送られなければ、陽性かどうか判断できないと言う状況が、支那の現状なのである。
これまでに確認されずに死亡した事例は本当にないのか?
image
数字だけは絶望的に積み上がっていくようだ。
しかし、幸いにも死者は殆どが体力のない老人のようで、今のところ10代、20代の死者が出たという話は聞かない。
何か理由があるのだろうか?

<追記>

残念ながら、山東省の感染疑いは陽性だったようで。

鳥インフル、山東省初の感染者…2市5省に拡大

中国で拡大する鳥インフルエンザ(H7N9型)感染で、山東省政府は23日、棗荘市の36歳男性の感染を確認したと発表した。

(2013年4月23日19時06分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130423-OYT1T01034.htm?from=ylist

これで更に感染地域は拡大した。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ