2013年3月13日水曜日

中山なりあき氏の反撃

わははは、やりおる(笑)

2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑の動画です。

事務局です。
2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑の動画をアップしました。

携帯電話の方はこちら

衆議院 予算委員会で使用したパネル(pdfファイル)

1.社会インフラ 2.創氏改名 3-A.慰安婦関連 3-B.慰安婦関連 4.尖閣・靖国神社

是非ご覧ください。

http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/201338-a9de.html

NHKが映像削除したのに負けじと、自分で質疑の動画をアップロードした中山氏は、自分のブログに質疑の動画を貼り付けたようだ。ソースは衆議院インターネット審議中継の内容らしいので、NHKもこれなら文句は言えないだろう。

解雇ルールの明確化は、会社員にとって悲報なのか

この話、解雇ルールを明確にしようという話なので、一概に被雇用者にとって悪い話とも言えない。

解雇ルール明確化、正社員採用を促進…政府方針

読売新聞3月13日(水)8時45分

 政府はリストラで工場が閉鎖された場合などを想定した解雇ルールを明確化する。

 雇い入れる際に解雇しやすくしておけば、正社員として雇用しやすくなる。衰退産業から成長産業に労働力を移し、政府が掲げる「産業の新陳代謝」を進めたい考えだ。茂木経済産業相が15日の産業競争力会議で方針を示し、6月にまとめる成長戦略の柱にする考えだ。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/0313/ym_130313_4568908868.html

ルールが明確化されていれば、何が解雇事由に相当するのか被雇用者にも分かりやすくなるのはメリットだろう。

続、痛いNHK

前回の「痛いNHK」という記事で、国会中継の内容を著作権に基づいて削除するという行動に出てしまったNHKを名乗る削除依頼者が居たことに言及した。が、どうやら、その際駆除依頼者、本当にNHK自身だったようだ。

NHK国会中継ユーチューブ動画が突然削除  「著作権侵害になるのか」と疑問相次ぐ

2013年03月12日19時29分

慰安婦の強制連行は考えにくいと、国会で野党議員が主張したことは、2ちゃんねるなどで大きな反響を呼んだ。ところが、その中継のユーチューブ投稿動画がNHKの著作権侵害申し立てで削除され、なぜなのかと物議を醸している。

http://news.livedoor.com/article/detail/7492668/

残念ながら、著作権に関するNHKの主張自体は間違っては居ないのだが、しかし、公共放送を行っている団体としてのスタンスは、それで問題ないのか?

安倍氏、東京裁判の正当性に疑問を示す

東京裁判(極東国際軍事裁判)とは、敗戦後の1946年に東京で行われた勝者による押しつけ裁判のことである。

<安倍首相>「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性

毎日新聞3月12日(火)21時23分

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、第二次世界大戦の戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)について「大戦の総括は日本人自身の手でなく、いわば連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と述べた。首相は第1次内閣で東京裁判を「受諾しており異議を述べる立場にない」と国会答弁しており、この方針は維持するとみられる。しかし東京裁判に懐疑的な見方を示したことには中韓両国などのほか、戦勝国の米国から批判が出る可能性もある。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0312/mai_130312_7259377262.html

東京裁判の結果は日本が受け容れているので、異議を述べる立場にはないのは事実だし、一方で、裁判が法の下の平等すら貫かれない一方的なモノであったことは誰の目にも明らかだ。