2013年3月4日月曜日

支那は軍事費拡大を正当化

まあ、そう主張するとは思っていた。

中国、国防費膨張を正当化 習体制で軍拡路線継続

2013.3.4 18:53

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の傅瑩報道官は4日の記者会見で「中国の国防力強化は地域のさらなる安定や世界平和にプラスになる」と強調した。中国の国防費は10年間で約3・5倍に膨張し国際社会の警戒感は強まっているが、こうした傾向を正当化した格好だ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130304/chn13030418570004-n1.htm

地域の不安を煽っているのによくもまあこのような主張ができるものだな。面の皮が厚いというか。

安倍内閣を攻撃したい中日新聞

もう、なりふり構ってないな、中日新聞。

集団的自衛権で何をする 週のはじめに考える

2013年3月3日

 安倍晋三首相はオバマ米大統領との首脳会談で、歴代首相として初めて集団的自衛権の行使容認の検討を始めたと伝えました。何がしたいのでしょうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013030302000096.html

何がしたいのでしょうか?(爆)

ちょっとは足りない脳味噌使って考えたらどうだ?

韓国の日本製品不買運動不発か

先日、韓国で自営業者を中心とした団体が日本製品の不買運動をする!と息巻いているとう記事を書いた。が、その結果が、この有り様である。

「日製品不買運動、心には同意するが...」不買運動の現場行ってみると自営業者·消費者の参加不足

2013年3月3日午後6時28分

自営業600万人が会員として加入している「路地商圏を生かす消費者連盟」は今月1日、「日本の過去の歴史反省と独島侵奪行為が中断されるまで、日本の商品を販売していない」と宣言した。

~~中略~~

しかし、まだ十分なコンセンサスの形成がなされていないようで、2日見て回ったソウル市内のあちこちのスーパーやコンビニエンスストアでは、日本のタバコとビールが普段と変わらず販売されていた。

注:機械翻訳を参考に当ブログで修正しています。

http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20130303182806367

うん、きっとまだこれからだな(笑)

マイクロ水力発電は自治体が主導で

以前にもマイクロ水力発電に関しては触れているのだが、正直言って採算が採れるレベルにまで行けるとは考えにくい。でも採算が採れずとも大きな問題とならない自治体レベルの動きならアリだと思う。

千葉の大多喜町、町営で水力発電所 半世紀ぶりに復活

産経新聞3月3日(日)22時37分

 房総半島の山あいの千葉県大多喜町で、東京電力が廃止した水力発電所を町営で半世紀ぶりに復活する試みが進んでいる。町は、いまも残る旧設備を改修して再利用する方針で、工事はすでに始まっている。今年末にも完成予定で、東電に売電するほか、非常用電源としても活用したい考えだ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0303/san_130303_6775473100.html

特に、山間の自治体にはこの発電方法を推奨したい。

支那は環境問題対策に本気を出せ

支那においても環境問題は随分問題にはなっているようだが、対策に本気を出しているようには見受けられない。

<PM2.5>屋外労働者、接触量3倍 北京大など調査

毎日新聞3月4日(月)2時30分

 【北京・工藤哲】北京大学と環境NGOが北京の大気汚染の実態を独自に調査したところ、屋外での業務が多い職種では、呼吸器や循環器の疾患を引き起こす微小粒子状物質「PM2.5」の接触量が当局発表の平均値の最大で3倍に達していたことが分かった。室内にいても接触量の抑制効果は限定的で、健康被害のリスクにさらされている現状が改めて裏付けられた。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0304/mai_130304_4002710981.html

環境テロ団体グリーンピースが一枚噛んでいるようだが、鯨や原発のことで騒ぐくらいなら、支那の現状を何とかして欲しい。