2013年2月21日木曜日

支那から逃げる外資

チャイナリスクを考えれば、当たり前のニュースだ。

外資の“中国離れ”鮮明 1月対中投資 8カ月連続減

2013.2.20 21:00

 【上海=河崎真澄】中国商務省が20日発表した今年1月の外国直接投資(FDI、実行ベース)は、前年同月比7・3%減の92億7千万ドル(約8640億円)で8カ月連続のマイナス。賃金高騰などを背景に、製造業など外資系企業の“中国離れ”が鮮明になった。中でも日本の投資は、同20・0%減の6億4千万ドルと大きく落ち込んだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130220/chn13022021010012-n1.htm

去年秋頃からの支那との関係悪化に伴って、日本は特に支那から距離を置くようになってきている。

南鳥島のレアアース

南鳥島は日本の領土であって、今のところ他国の経済水域に接していない地域である。

南鳥島のレアアース、一部で中国の約20倍

2013年02月21日00時22分

 小笠原諸島にある南鳥島沖の海底の泥に、極めて高い濃度のレアアースが含まれていることがわかった。中国の鉱山で採掘されるものと比べて十数倍から20倍にも上る。

http://news.livedoor.com/article/detail/7429883/

今は、支那のレアアースの供給量が多いが、国産レアアースの実現も、そう遠くはない話となるかも知れない。

尖閣問題で台湾は支那と連携せず

台湾とならば、まだ交渉の余地はあると言うことのようだ。

尖閣で中国と連携せず、理由を台湾が初公表 日台漁業協議干渉や軍備増強でも中国を批判

2013.2.21 08:21

 【台北=吉村剛史】沖縄県尖閣諸島について中国と同様に主権を主張している台湾が、中国が平和的解決に向けた構想を示していないことなどを理由に尖閣をめぐって中国と「連携しない」と表明していることが20日、わかった。これまでも中国と連携しない姿勢を示してきた台湾だが、具体的な理由を公表したのは初めて。尖閣周辺海域の扱いが注目される日台漁業協議への中国側の干渉や、中国の軍備増強による地域の安定への影響にも批判的に言及しており、中国側の反応が注目されている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130221/chn13022108440003-n1.htm

台湾も決して尖閣諸島の主権を諦めているわけではない。だが、台湾にとっては領有権よりも漁業権が得られればそれで良い、という立場のようで。

尖閣諸島海域で日本の漁船を執拗につけ回す支那公船

腹が立つニュースは続くが、こんな話も。

執拗に地元漁船追跡 領海侵入の中国公船 狙いは「拿捕」か 尖閣海域

尖閣 · 2013年2月

 尖閣諸島の領海に18日に侵入した中国公船が、周辺にいた民間の漁船、第十一善幸丸を1時間半にわたって執拗に追跡していたことが19日分かった。

海上保安庁の巡視船が中国公船から漁船をガードしたため、被害はなかったものの、中国公船は一時、漁船から50~60㍍まで接近した。

http://www.yaeyama-nippo.com/2013/02/20/

海上保安庁の働きもあって、事なきを得たようだが、尖閣諸島で支那に好き放題やられているようだ。

鳩、沖縄でも寝言

もー、公の場にでてくんな!お前の寝言は聞き飽きたんじゃ!

鳩山元首相、外務、防衛が「妨害」

2013.2.21 00:18

 「米国の意向を忖度(そんたく)する外務、防衛両省がすべてを動かしている中で日本が真の独立を勝ち取ることはできない」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130221/stt13022100180001-n1.htm

妨害もクソもねーだろう。