2012年12月7日金曜日

「党首力」前面にCM戦

人をバカにした話だが、資金面で差が付かないようにと言う配慮で作られた公職選挙法のルールで、ポスターの枚数や貼る場所などが規制されている。

インターネットでの宣伝は禁止だし、ブログやツイッターなども禁止されているのは、こうした背景の延長線上にあるものなのだが……。

<衆院選>「党首力」前面にCM戦 資金力で差も

毎日新聞12月7日(金)12時15分

 衆院選(16日投開票)のテレビCMでは各党が党首を前面に出して訴えている。多党化などで、投票先を決めかねている有権者の背中を「党首力」で一押しする狙いだ。ただ、11月16日の衆院解散から時間が少なかったことや、厳しい台所事情を反映し、CM放映を見送った政党も多い。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1207/mai_121207_6221344503.html

橋下氏でなくても、文句の一つも言いたくなる。

自衛隊に破壊措置命令

滞りなく進んでいるようだ。

自衛隊に破壊措置命令

時事通信12月7日(金)9時7分

政府は7日午前、首相官邸で安全保障会議を開き、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に備え、自衛隊法に基づく破壊措置命令を発令する方針を決定した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1207/jjp_121207_2557126211.html

北朝鮮が予告しているのは、10~22日に弾道ミサイル発射ということなので、PAC3の展開と破壊措置命令が出され、これで迎撃準備が整ったわけだ。

維新、自民攻撃に軸足

忙しいことで。

<衆院選>維新、自民攻撃に軸足…「単独過半数」報道が契機

毎日新聞12月6日(木)22時39分

 衆院選の序盤情勢を探る報道各社の調査で自民党が単独過半数の勢いと報じられた6日、各党の舌戦は自民、公明両党の政権奪還を視野に入れた駆け引きにシフトした。「第三極」として衆院選後のキャスチングボートを握りたい日本維新の会は自公過半数割れに追い込もうと自民党攻撃を強化。選挙運動の緩みを警戒する自民党は党内の引き締めを図り、民主党は「2大政党対決」の演出による巻き返しに懸命だ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1206/mai_121206_4486011487.html

都合の良い理屈をこねるのが得意なのが橋下氏である。

> 「報道では自公が過半数という。本当にいいのか。自民党の政治に嫌気がさした3年前の失望感はどこにいったのか」

この3年間の民主党への絶望感が勝ったと言うことだろう。