2012年12月5日水曜日

公職選挙法違反の徹と太郎

己は弁護士なら、順法精神を発揮しなさい。

橋下氏、ツイッター禁止「バカみたいなルール」

 日本維新の会の橋下代表代行は4日、衆院選期間中の立候補者による「ツイッター」への書き込みを禁止した公職選挙法について、自身のツイッターで、「ネットでの政策の主張を認めず、バカみたいなルールで前近代的な作業をやらせる」「選挙の本質は、有権者に政策を訴えることだ」と書き込み、批判した。(2012年12月4日21時21分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121204-OYT1T01175.htm?from=ylist

バカみたいなルールであることは、みんながそう思っているハズだ。

政治家ならばそのルールを変えることが仕事であって、ルールを知っていて破るのが仕事ではない。

国連事務総長、北朝鮮にミサイル発射中止要請

おお、珍しく国連事務総長が仕事をしている。

国連事務総長、北朝鮮にミサイル発射中止要請

読売新聞12月4日(火)22時29分

 【ニューヨーク=柳沢亨之】国連の潘基文パンギムン事務総長は4日、北朝鮮が「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルの発射を強行した場合、国連安全保障理事会の対北朝鮮決議に対する「明確な違反となる」と指摘し、発射を中止するよう北朝鮮に要請する声明を発表した。

 声明で潘氏は、発射予告について「重大な懸念を持っている」と強調。「発射すれば(北東アジア)域内の緊張をあおることになる」とした。

http://news.biglobe.ne.jp/international/1204/ym_121204_8521089020.html

ただ、これは韓国人である事務総長の仕事としては当然の行動であるとも言える。そして、声明を出すだけで何か効果があるか?というと、そんなことは無い訳で。