2012年12月2日日曜日

温泉熱発電機が別府で稼働

原発云々は別にして、心強いことである。

<温泉熱発電機>別府で稼働へ…商業用で全国初

毎日新聞12月2日(日)12時27分
 全国初の商業用温泉熱発電機の起工式が1日、大分県別府市であった。同市の「瀬戸内自然エナジー」が事業主体。65年に掘削し、周辺住民約330世帯に供給している温泉の一部を利用。約120世帯分の消費電力分を売電でき、収益は1日約5万円という。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1202/mai_121202_1196405314.html

温泉発電は地熱発電は厳密に言うと違うのではあるが、地熱発電の仲間ではある。
今後、こうしたニュースが次々と聞けることを願っている。

竹島問題、年内提訴見送りへ

うわぁ、民主党政権、一体何がやりたいんだ?あ、選挙対策か?

竹島問題、年内提訴見送りへ…関係改善の兆しで

読売新聞12月1日(土)14時44分

 政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を来年以降に先送りする方針を固めた。

 単独提訴の判断は、16日の衆院選後に発足する次期政権に委ねられる方向だ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1201/ym_121201_7213219956.html

どの辺の関係が改善したのか、全く承知していない。が、ICJ単独提訴を見送ったのは、どう考えても民団に選挙協力させるためだろう。ま、日教組の反対も根強いものがあるしな。

討論すらできない維新の新人

そーですかそーですか。数は力、ま、否定はしないけれども、烏合の衆を集めてどうしようというのか。

維新、新人に「公開討論会に出るな」…失言懸念

読売新聞12月2日(日)7時42分

 4日公示の衆院選で、日本維新の会が新人の立候補予定者に対し、各小選挙区で開かれている公開討論会への参加を見送るよう指示していたことが分かった。

 維新の会幹部は「遅れている選挙準備に専念させるため」と説明するが、維新の会の大阪府議は「準備不足の新人は討論会で袋だたきに遭いかねないため」としている。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1202/ym_121202_5170526038.html

まあ、日本維新の会のメンバーは、ボスからして橋下氏に石原慎太郎氏と、失言大王のオンパレードである。新人が失言するくらい別に珍しい話でもないだろう。