2012年11月14日水曜日

民主・小沢鋭仁氏 維新参加を検討

あはは、沈みゆく船は哀れだな。

民主・小沢鋭仁氏 維新参加を検討

11月14日 15時5分

民主党の小沢鋭仁元環境大臣は、14日午前、大阪市内で日本維新の会の橋下代表らと会談し、維新の会への参加を要請されたのに対し、検討する考えを伝えました。

民主党の小沢鋭仁元環境大臣は、14日午前、大阪市内で日本維新の会の代表を務める大阪市の橋下市長や幹事長を務める大阪府の松井知事と会談しました。
この中で、維新の会側は「小沢氏とは政策も一致するので、ぜひ来てもらいたい」と述べ、参加を要請しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121114/k10013480021000.html

小沢鋭仁氏か、元環境大臣だと言うだけの凡人ではあるが、それでも実績のない日本維新の会にとっては喉から手が出るほど欲しい人材なんだろうな。いま、日本維新の会に参加している国会議員は戦力外だから。

核廃絶の意味を理解しない広島市長

まー、広島市の市長ですから、仕方が無いのかも知れない。

「被爆の実相理解していない」 橋下氏「核廃絶は現実には無理」発言で広島市長

2012.11.14 13:15
 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長が10日に遊説先の広島市で「核廃絶は現実には無理」と発言したことについて、広島市の松井一実市長は14日の記者会見で「被爆の実相を理解していない方の発言ではないか。実相を知ればおのずと違ってくる」と疑問を呈した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121114/stt12111413160007-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

橋下氏の主張に全て賛同する気にはとてもなれないが、 「核廃絶が現実的でない」という意見は、真っ当なものである。

野田首相「16日に解散してもいい」

オオカミ少年になっている野田氏だが、流石に日にちを限定してしまったら後戻りは出来ない。

野田首相「16日に解散してもいい」=衆院定数削減の確約条件

時事通信 11月14日(水)15時29分配信
 野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に対し、「次期通常国会で(衆院の)定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に解散してもいい」と表明した。この後、公明党の山口那津男代表に対しても、同様に呼び掛けた。自公両党の対応が焦点となる。
 首相が国会答弁で特定の解散日に言及するのは異例。16日に解散した場合、11月27日公示―12月9日投開票か、12月4日公示―16日投開票の日程となる見通し。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121114-00000080-jij-pol

微妙な言い回しなので、撤回の可能性はある。
だが、まあ、これだけハッキリと言ってしまって、撤回したら今度こそ野田氏も終わりである。
そうか、解散して選挙をやるのか。
 
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


お昼過ぎのドルウォンチャート

最近のお楽しみである、ドルウォンチャート。まあ、年末までは試練が続くと思われる韓国ウォンだが、今日もなかなか良い動きだ。
USDKRW(15分)20121114130047
何があったのか、ウォンは急激に高く(チャートは下降)なっている。1ドル1086ウォンの攻防は見ていて胸が熱くなるな。まあ、午後には戻してくるとは思うが。

……ゴールドマンサックスに見捨てられたのが効いているのか?


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

妖怪爺の妄言

まあ、輿石氏が何を言っても無駄ではあるが、気分が悪い話だな。

「金魚きれいな水しか泳げない」と輿石氏けん制

読売新聞11月14日(水)8時45分

 民主党の輿石幹事長は13日、都内で開かれた民主党衆院議員の会合であいさつし、野田首相が自らを例えたドジョウにまつわる話を取り上げた。

 輿石氏は「『ドジョウは金魚のまねは出来ない』という言葉が首相は好きだ。ドジョウは泥水の中でも生きていける」と発言。そのうえで「金魚はきれいな水でしか泳げない。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1113/ym_121113_8005762023.html

過保護に育てなければ死んでしまう金魚など、国民にとっては不要だ、ということがこの爺さんには分かっていないらしい。

レアアースをインドから

いいぞー!もっとやれ(笑

<レアアース>インドから4000トン輸入へ 16日合意

毎日新聞11月14日(水)2時30分

 政府は13年から年間約4000トンのレアアース(希土類)をインドから輸入する方針を固めた。日本が精密機器製造などのために輸入しているレアアースの15〜20%程度に相当する。野田佳彦首相とシン首相が16日に東京都内で首脳会談し、正式合意する。日本はこれまで9割近くを中国からの輸入に依存してきたが、資源調達先の多角化を図り、関係悪化に伴う突然の輸入停止など「中国リスク」を回避する狙いがある。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/1114/mai_121114_5152062154.html

鮮明化したチャイナリスクを回避することは、もはや国家としての至上命題である。野田氏の仕事であればGJと言わざるを得ない。だが、もっと早くやれば良かったのに、とも苦言を呈したいところではある。