2012年11月13日火曜日

バイナリー地熱発電

地熱発電の記事を書いたら、もうちょっと調べてみる気になった。

西日本環境エネルギー株式会社HPより

これが、バイナリー地熱発電の概略図だ。

地熱発電は原発を代替できるか?

世の中には色々な発電方法があるが、商業用発電が成り立つものはそれ程多くない。そして、地熱発電は……。

地味な印象だが実力はピカイチの地熱発電

2012年5月17日(木)

 地熱発電への期待が大きい。エネルギー関係者の議論では、地熱の評価は、自然エネルギー推進者からも保守派の学者からも、立場を超えて非常に高い。自然環境保全や温泉事業者の一部を除いては、反対するものは少ないと言ってもいい。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120514/231981/?rt=nocnt

そう、実力はあるのだ。

地熱発電のポテンシャルは少なくないし、日本では将来的に有力なエネルギー源であることには変わりない。だが、原発の代替というところまで行くと、ちょっと「妄想が過ぎるんじゃないか?」と言わざるを得ない。

韓国大統領候補の未来のない公約

うはー、酷いことになってますな。

朴槿恵氏、家計負債解決で「18兆ウォン基金」創設を公約

NOVEMBER 12, 2012 08:54

セヌリ党の朴槿恵(パク・グンヘ)候補は11日、18兆ウォン規模の「国民幸福基金」を創設し、家計負債問題を解決する考えを明らかにした。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2012111239298

韓国の家計負債問題はかなりやばいことは、以前にもちらっとここに書いたが、今回の大統領選挙はそれが争点になるようだ。まあ、それは良いんだけど……。

日本人投資家が「不買」で反撃

眠たい記事を書いているな。

日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃

2012.11.13(火)

アジアの2大経済大国である日中間で領有権を巡る論争が繰り広げられる中、中国人消費者による日本製品の不買運動に呼応するような形で、日本の個人投資家が中国の資産に背を向けている。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36529

支那が日本製品の不買運動をしているのは、支那の政府による政策の一環だが、日本の個人投資家の行動は別に愛国心とは無縁である。寧ろ、支那の自業自得と言うべきだろう。

小沢氏、2審も無罪

政治生命は既に終わった小沢氏に言及することもないのだろうけれど、この事件そのものには未だ関心があるので、触れておこう。

<陸山会事件>小沢氏、2審も無罪…東京高裁判決

毎日新聞11月12日(月)10時33分

  資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた「国民の生活が第一」代表、小沢一郎被告(70)の控訴審判決で、東京高裁は12日、1審の無罪判決を支持し、検察官役の指定弁護士の控訴を棄却した。小川正持裁判長は、「(1審が)無罪を言い渡したのは正当として是認できる」と述べた。指定弁護士側は2週間以内に上告するか否かを判断するが、憲法違反などの要件を満たすのは困難とみられる。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1112/mai_121112_9480978220.html

そもそも無理筋だった小沢氏立件を、検察審議会が強制起訴に踏み切った。そこで、明らかになった事実こそが重要であり、小沢氏が有罪か無罪かなんてことにはあまり意味が無い。証拠など存在しないのだから。