2012年11月7日水曜日

一転して3大学認可

マジで!

田中文科相 一転して3大学認可へ

11月7日 16時52分

田中文部科学大臣は7日の衆議院文部科学委員会で、来年春の開設を予定していた3つの大学について、「現行制度にのっとり、適切に対応する」と述べ、新たな審査基準を設けて判断するしていた姿勢を一転させ、今の制度のもとで速やかに認可する考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121107/k10013320741000.html

まあ、間違っていたことを認めて、認可する、とするのであれば、それはそれでOKだ。少なくとも今回の3大学はセーフだった、と言う話になるからだ。

だが、田中真紀子、おめーはダメだ

大学新設不認可

酷い話だ。

<大学新設不認可>文科相と首相官邸 認識食い違いが表面化

毎日新聞11月6日(火)20時36分
 田中真紀子文部科学相が3大学の新設を不認可とした問題で、首相官邸はこれまで「文科相が最終的に判断することだ」(藤村修官房長官)と静観してきた。しかし、田中氏は6日、野田佳彦首相らから事前に了承を得ていたと「暴露」し、藤村氏が記者会見で否定するなど、認識の食い違いが表面化。野党は7日の衆院文部科学委員会で田中氏を追及する構えで、野田政権はまたも閣僚をめぐる火種を抱え込んだ。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1106/mai_121106_6222798640.html

このおばちゃんは、いつも目立つことをやりたがるだけで、後先を考えない。ブレーキの壊れた暴走機関車田中真紀子、こんな人物を閣僚にするとは何と愚かな話か。

民主党、マニフェスト全面謝罪へ

いや、謝ったら済む問題じゃない。

マニフェスト全面謝罪へ…民主、見通し甘さ認め

読売新聞11月7日(水)8時2分

 民主党は6日、2009年衆院選の政権公約(マニフェスト)やその後の政権運営について、「反省点」を総括した「マニフェスト重要政策説明用資料」の原案をまとめた。

 同党が衆院選で圧勝する原動力となった主要な政策の柱について、見通しの甘さや説明不足を認め、全面的に謝罪する内容となっている。近く最終案をまとめ、ホームページや集会などで国民に説明することを検討している。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1107/ym_121107_0305098092.html

民主党が、詐欺フェストだったと認めることは必要な事だが、今更謝られたところで、失われた3年間と日本の国益は戻って来たりはしない。

もっと重要な問題は、民主党がマニフェストを撤回したとして、撤回して謝罪するだけで終わったら何の意味もない。新たなマニフェスト、綱領が示され、選挙が行われる必要があるのだ。

米大統領選、投票始まる

4年に1度の、アメリカのお祭りである大統領選挙。今日の昼頃には結果が出るらしいが、最初から結果は分かっているような気がする。

ロムニー氏も執念…米大統領選、投票始まる

読売新聞11月7日(水)1時40分

 【ワシントン=中島健太郎】米大統領選は6日、東海岸から順次投票が始まった。

 再選を目指す民主党のバラク・オバマ大統領(51)と共和党のミット・ロムニー候補(65)の接戦が予想されており、大勢判明は7日未明(日本時間7日午後)以降となる見通しだ。

http://news.biglobe.ne.jp/international/1106/ym_121106_8961269832.html

接戦予想だと言われているが、どう考えてもオバマ大統領が再選、ということになりそうだ。