2012年11月2日金曜日

北海道は凍えろと言うのか?

民主党政権は何考えているんだ!!

北海道、7%の節電=今冬、緊急時は休業要請—政府

時事通信11月2日(金)11時10分
 政府は2日、関係閣僚による「エネルギー・環境会議」と「電力需給に関する検討会合」を合同で開き、北海道に2010年度比7%以上の節電目標を設けるなど今冬の電力需給対策を決定した。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1102/jj_121102_4096585484.html

去年より寒い冬が来たらどうするつもりなんだよ!閣議決定して、政府が責任採るから原発動かすように通達しろって。
もしくは、緊急措置としてでもいいから泊原発動かせよ!3号機だけでも!

自民、やむなく太陽路線

まじかよ!

自民、やむなく太陽路線…公明は解散へ「北風」

 野田首相が解散を判断する条件としている特例公債法案の成立など三つの課題に協力し、首相が解散に踏み切らざるを得ない環境を整える、いわば「太陽路線」だ。それでも解散しない場合は、首相の不誠実さに国民の批判が集中するとの読みがある。ただ、特例公債法案を切り札に「北風路線」で解散を迫りたい公明党との温度差も生じている。(2012年11月2日07時34分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121102-OYT1T00260.htm

民主党には常識が通用しない。太陽路線は正しく民主党が望んだ政策であり、これまでも谷垣元総裁が幾度となく繰り返し、失敗してきたじゃないか。

韓国を襲うウォン高

韓国経済は不思議な構造をしている。僕は韓国経済を観察するジンボルト氏のブログにいつもお邪魔しているのだが、このブログを読んでいると韓国経済の危うさが伝わってきて興味深い。

ウォン高の直撃弾…韓国の自動車関連株の時価総額1カ月で12兆ウォン減

2012年10月31日08時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

  韓国ウォンが今年の最高値を更新し、代表的な輸出業種の自動車関連株の時価総額が12兆ウォン(約9000億円)ほど消えた。自動車業種の株価はすでに大きく落ちたが、ウォン高ドル安のペースによってはさらに落ちる可能性もある。

http://japanese.joins.com/article/257/162257.html?servcode=300&sectcode=300

中央日報にこのようなニュースが載っているのだが、現在、韓国経済を支えているのはサムスンとヒュンダイのたった2社だけだ。だが、ウォン高はこの2社の利益をも直撃するのである。

問責対応で緊急質問

聞き慣れない手法を使うらしい。

野党側が首相に「けじめ」要求 問責対応で緊急質問 参院、27年ぶり

2012.11.2 08:58 [国会
 参院は2日午前の本会議で、先の通常国会で可決した野田佳彦首相の問責決議を踏まえ、首相に「緊急質問」を実施する。自民、公明など野党7会派が首相に「けじめ」を要求し、年内の衆院解散・総選挙を迫る方針だ。国会法76条で認められた緊急質問は1985年以来、27年ぶり。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121102/stt12110208590002-n1.htm

参議院では、首相の立場である野田氏が問責決議を受けている。野党多数の賛成で可決された問責決議であるから、法的拘束力が無かろうが政治家としてどのように受け止めるのかという説明をする義務があるわけだ。