2012年10月30日火曜日

九州電力の電気料金値上げ

今まで、こうした記事が出てこなかったのが不思議だ。

<九州電力>値上げを正式に表明 11月にも経産相に申請

毎日新聞10月30日(火)21時13分

 九州電力の瓜生(うりう)道明社長は30日、電気料金の値上げについて「どんな経営努力をしても(業績悪化に)対応できる水準ではなくなってきている」と述べ、経済産業相に申請することを正式に表明した。九電は11月にも申請し、来年4月の値上げ実施を目指す。値上げ幅は家庭向けで約10%を軸に検討中で、企業向けも同時に申請する予定。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/1030/mai_121030_9584953542.html

巷では、幹部の給料を削れとか社員の給料を削減しろとか、そういった話も聞こえてくる。が、赤字のレベルはそういう世界の話ではない。

民主 離党相次ぎ危機感強まる

まだまだ離党する党員は増えそうだな。

民主 離党相次ぎ危機感強まる

10月30日 8時9分

民主党執行部は、29日、新たに衆議院議員2人が離党届を提出したことから、党の結束固めに努めることにしていますが、党内では、「さらに離党の動きが広がるのではないか」という見方もあり、執行部は危機感を強めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121030/k10013105611000.html

民主党の衆議院議員離党!

まあ、こんなニュースは前から幾度と無くあったわけだが、そろそろ民主党としてはしゃれにならないだろう。

日本海にメタンハイドレート=オホーツク海でも

日本海側でもメタンハイドレートが見つかったと、ニュースになったようだ。

日本海にメタンハイドレート=オホーツク海でも、埋蔵量不明—明大など

時事通信10月29日(月)18時17分
 明治大と北見工業大、東京大は29日、日本海とオホーツク海の排他的経済水域内で調査を行った結果、エネルギー資源として期待され、メタンと水からなる氷状の固体物質メタンハイドレートを海底から回収することに成功したと発表した。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1029/jj_121029_2980460224.html

これまでは太平洋側にしかない、という立場を崩していなかった日本政府も、今回の結果は無視出来ないだろう。日本海にメタンハイドレートの塊が確認出来たことがニュースになったこと自体が大切である。

いわゆる慰安婦問題と損害賠償

三橋氏のブログを訪れたら、いわゆる慰安婦問題に関する記事が載っていた。今日はその辺りに突っ込みを入れてみたいと思う。

 というわけで、極めて重要なご投稿。

東京裁判と従軍慰安婦問題にみる病根(廣瀬勝 作家)
 今年の夏は、錆びついた私の頭にもキンキンとこたえるものがあった。ほかならぬ李明博大統領の天皇陛下に対する非礼極まりない暴言と、「従軍慰安婦問題」を理由とする我が国に対する損害賠償請求に就いてである。
 大学を卒業して25年間も埋もれていた法律知識を探り出してもなお「東京裁判」と同じキナ臭さが漂うのが「従軍慰安婦問題」と云える。
 ここで、単純に元従軍慰安婦が日本国内で、民法上の不法行為(709条)による損害賠償請求を日本国政府に対してなしうるか? という問いを提起したい。

うん、まあ、東京裁判がきな臭い、と言う主張は分かる。どう控えめに見積もっても、敗戦国が戦勝国に裁かれれば、不利な結論しか出ないのは火を見るよりも明らかだからだ。だが、709条の話を持ってくるのは、ちょっとなぁと。