2012年10月12日金曜日

田中法相、暴力団関係者との関係認める

あっさり認めやがった。

田中法相、暴力団関係者との関係認める 辞任は否定

2012.10.12 11:36
 田中慶秋法相は12日午前の記者会見で、週刊誌で報じられた暴力団幹部との交際について「宴席へ出席したり、仲人をしたことはあるが、暴力団関係者というのは後から分かったことだ。分かっていたら出席していない」と述べ、事実関係を認めた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121012/plc12101211380007-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

後から分かった、で、済むと思ったら大間違いである。

外務副大臣を更迭せよ

バカじゃないのか?

竹島、ICJ提訴見送り言及=外務副大臣

吉良州司外務副大臣は11日の記者会見で、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への提訴について、「ベストのタイミングを考慮しながら、最終的に単独提訴するのが良いのかどうか、これから検討することになる」と述べ、見送る可能性に言及した。(2012/10/11-21:09)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101100951

今やレームダック状態になって久しい韓国政府に塩を送る意味が果たしてどの程度あるのか。媚びを売るのもいい加減にして欲しい。

日韓経済連携の道筋見えず

ニュースとは真逆のタイトルとなったが、ニュースを読んでも道筋が見えたとはとても思えない。

金融・経済協議再開へ=日韓財務相、緊密協力で一致

時事通信10月11日(木)17時59分

 城島光力財務相は11日、韓国の朴宰完企画財政相と都内で会談し、両国が経済・金融分野で緊密な協力を維持することで一致した。竹島(韓国名・独島)の領有問題で延期されていた日韓財務対話も「適切な時期」に再開することで合意。対立を深めている両国だが、経済面に関しては関係修復に向けて一歩踏み出した格好だ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1011/jj_121011_6549609899.html

確かに「緊密な協力を維持」という話し合いが出来たこと自体を一歩前進、と捉えることは可能だ。だが、次の話し合いは何時で、具体的にどのような話し合いをするのか、すら決まっていないではないか。