2012年9月7日金曜日

尖閣購入の罠

色々暴発寸前の国々の事情の犠牲になりつつある、尖閣諸島。関係者は怒って良いと思うんだけど、じゃあ、何処にその矛先を向けたらいいの?となるとこれはなかなか難しい。

尖閣国有化、中国は反発「必要な措置講じる」

読売新聞9月6日(木)9時24分

 【北京=大木聖馬】中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は5日の定例記者会見で、日本政府が沖縄県・尖閣諸島の購入で地権者と合意したことについて、「中国の領土主権を深く侵害し、民族感情を傷つけた」と強く反発し、「領土主権を守る必要な措置を講じる」と述べ、対抗措置を示唆した。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0906/ym_120906_4593477267.html

日本の民主党政権としても、行くも地獄、帰るも地獄という状況に陥っていて、訳の分からない行動を採っているが、アレでは僕はダメだと思う。