2012年6月5日火曜日

内閣改造後のメンバー

野田氏はなかなか面白い人事をしたようだ。

内閣改造  県内政党、評価と批判

 野田再改造内閣が発足した4日、県内の政党幹部から様々な声が聞かれた。民主党は「社会保障と税の一体改革を進めようとする首相の決意の表れ」と評価。一方で、野党側は「交代させる決断が遅い」「迷走内閣」などと批判した。諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査問題を担当する農相や、初の民間出身の防衛相人事についても意見が分かれた。(小山田昌人)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20120604-OYT8T01338.htm
目玉はなんと言っても、防衛相交代だろう。だが、これが果たして良かったか?と言う点には疑問は残る。