2012年4月17日火曜日

ヤマザキマザックデータ漏洩事件の続報

おいおい、どんだけ社員教育がなってないんだ。中国籍の人間を雇ったということが徒になったケースだが、更にお粗末な話だな。

<データ不正取得>中国から「漏えい」依頼…知人とメール

毎日新聞4月17日(火)15時0分
 大手工作機械メーカー「ヤマザキマザック」(愛知県大口町)の設計図データを不正取得したとして、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された中国人元社員、唐博容疑者(31)=解雇=が、中国の知人から情報提供の依頼を受けていたことが捜査関係者への取材で分かった。愛知県警は別のデータを不正取得したとして17日にも唐容疑者を同法違反容疑で再逮捕し、情報の流れなどを詳しく調べる方針。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0417/mai_120417_2843435856.html
既に解雇したこの人物、実は中国の知人に価格情報や機械のスペックなんかを喋ってたらしい。「マザック自業自得!」では済まないのがこの手の事件の恐ろしいところだ。

火力発電所の運転停止

ネットでは「わざとだろ」という声が聞こえるという恐ろしい事態になっているが、火力発電所を酷使しているのは事実だ。

関電の海南火力発電所で水漏れ、運転停止に

読売新聞4月16日(月)12時22分
 関西電力は16日、海南火力発電所3号機(和歌山県海南市、出力60万キロ・ワット)の保守点検作業中に水漏れが見つかり、運転停止したと発表した。
 関電によると、海南3号機が停止しても16日の供給力は2294万キロ・ワット確保でき、1900万キロ・ワットの最大需要に対して使用率は82%と安定した需給状況になるとしている。
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0416/ym_120416_5175423480.html
関西電力では、大飯原発が再開の決定をしたばかりである。このタイミングでの火力発電所の停止に作為的なものを感じるとしたら……、それはもう病気だろう。原発過敏症も度が過ぎる。

尖閣諸島の一部を都が買い取る計画

なるほど、石原氏は石原氏の信念の元に動いているというわけだ。尖閣諸島の一部買い取りは評価したい。

石原知事「文句ありますか」…尖閣の都買い取り

読売新聞4月17日(火)9時13分
 米ワシントンを訪問中の石原慎太郎・東京都知事は16日午後(日本時間17日未明)、米政策研究機関「ヘリテージ財団」主催のシンポジウムで講演し、沖縄県石垣市の尖閣諸島の一部を都が買い取る意向を示した。
 すでに民間の地権者の同意を得ているという。
 都が買い取りを検討しているのは、尖閣諸島で最大の魚釣島と北小島、南小島の3島。知事は講演で、「東京が尖閣諸島を守る。どこの国が嫌がろうと、日本人が日本の国土を守るために島を取得するのに何か文句がありますか」と述べた。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0417/ym_120417_7524822729.html
石原氏が尖閣諸島に対して具体的なアプローチをかけただけに、「どこかの国」が動き出すことは間違いないだろう。国が全面的にバックアップをして動いて欲しいモノである。