2012年2月14日火曜日

野田首相、26日から沖縄へ

就任して3ヶ月でようやくか。

<野田首相>26日から沖縄へ…辺野古移設に理解求める

毎日新聞2月14日(火)19時46分

 野田佳彦首相は26、27の両日、就任後初めて沖縄県を訪問する。仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と会談するほか、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の視察を予定。昨年11月の前沖縄防衛局長の不適切発言などを謝罪し、普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設に向け、少しでも環境を整えることを目指す。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0214/mai_120214_6871211417.html

正直、行ったところでどうなるものでもないのだろうけれど、それでも行かないのと行くのとでは大きく違う。何故、今まで行かなかったのか?疑問に思うところだが、行くだけましかもしれん。

 


ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

F35はSU-35Sに太刀打ちできないらしい

へーふーん、それで?

F35はSU-35Sに太刀打ちできない=豪シミュレーション

サーチナ 2月13日(月)16時52分配信
 豪州の外事・武器・貿易合同委員会はこのほど、米ステルス戦闘機F35とロシアのSU-35Sによるシミュレーションの空中戦を行ったところ、F35は SU-35Sに太刀打ちできないとの結果となり、豪空軍はF35を調達するべきではないという結論を出した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。
 豪「キャンベラ・タイムズ」紙によると、ジョンストン豪議員は「F35生産プロジェクトは成功しておらず、現在開発中の航空機は当初の要求を満たしていない。特に大きなミスは通常離着陸、艦載型、短距離離陸・垂直着陸の3タイプを同時開発したこと」と指摘。委員会はF35とSU-35Sが空中戦を行い、 240機のF35が同数のSU-35Sと戦った場合、210機が撃墜されるというシミュレーション結果を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000063-scn-int
ソースがサーチナだし、キャンベラタイムズが大元らしいから、話を鵜呑みにする方がどうかと思う。

アメリカでF35取得179機先送り

おいおい、いよいよF-35に黄色信号が灯ったな。

F35取得、179機先送り=5年間、日本調達に影響も-米国防予算

 【ワシントン時事】米国防総省は13日に発表した2013会計年度国防予算案で、F35戦闘機の開発を優先させ、一部取得を遅らせる方針を明示した。13~17年度までの5年間で179機分の調達を先送りすることで、151億ドル(約1兆1700億円)を節約できるとしている。(2012/02/14-10:35)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012021400230

米国防総省の判断は、多分妥当なのだろう。何しろアメリカは巨額の赤字を抱えているので、経済状況を改善させる為にも防衛費ばかりに重点を置くわけには行かない。

ただ、この状況でF-35関連の費用を削減すると決定したと言うことは、裏返して考えればF-35の開発状況が相当遅れて居ると、そう言うことを意味するだろう。日本の第4次F-Xは考え直した方が良いのではないか?今からでも遅くはない。

 

福島第1原発の温度計故障

ひでー話だ。

<福島第1原発>「温度計故障と断定」 一時400度超

毎日新聞2月13日(月)21時58分

 東京電力福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部の温度計が上昇している問題で、東電は13日、「温度計の故障とほぼ断定した」と発表した。東電は「格納容器の中は多湿なため、時間がたつことで温度計につながる回線の切断や絶縁不良などを起こしたのではないか」と分析している。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0213/mai_120213_2244948230.html

故障したことそのものが深刻な事態なのだが、東電は一体何をやっているのか。

 

講話問題、沖縄防衛局長を処分せず

処分も何も、問題そのものが存在しなかったのだから。

講話問題、沖縄防衛局長を処分せず…防衛省方針

読売新聞2月14日(火)3時6分

 防衛省は13日、沖縄県宜野湾(ぎのわん)市長選(12日投開票)を受け、真部(まなべ)朗(ろう)沖縄防衛局長が講話で同局職員に投票を呼びかけていた問題について、調査結果を17日までにまとめ、発表する方向で準備に入った。

 違法行為はなかったとの内容となる見通しで、真部氏の処分は行わない方針だ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0214/ym_120214_5143945773.html

如何にも問題が存在するかのような発言をする人が居るが、選挙に行けと言っただけで問題になるならあっちこっちで処分者続出だ。むしろ、特定候補者の応援を公然と行っていた市の職員を処分しない方がおかしい。というか、何故、問題の存在しない講話を延々と引っ張って、宜野湾市職員労働組合の問題は殆ど触れられないのか?