2011年10月31日月曜日

自民のエネルギー政策

先延ばしにしたところで日本国民には何のメリットもないと思うのだけれど。

自民、エネルギー政策先送り…原発で意見対立

読売新聞10月30日(日)14時12分

 自民党は、次期衆院選の政権公約(マニフェスト)に盛り込む新たなエネルギー政策の策定を来年夏まで先送りする方針を固めた。「脱原発」を争点とした衆院解散・総選挙の可能性が遠のいたことから「様子見」に転じたようだ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1030/ym_111030_1092808141.html

民主党の為体は見ていられない状態だが、だからといって自民党がそんなのに付き合う必要は無いのだが。