2011年9月27日火曜日

第3次補正予算はまだまだ積み増す

未だ漏れがあるなぁ、と思っていたが、早速積み増ししている模様だ。

<3次補正予算案>政府・民主党、12兆円前後に上積みへ

毎日新聞9月27日(火)2時30分
 政府・民主党は26日、東日本大震災からの復興対策などを盛り込む11年度第3次補正予算案の総額について、政府原案の11兆円超から数千億円規模で上積みし、12兆円前後とする方向で最終調整に入った。円高の長期化や米欧景気の減速で経済の下ぶれ懸念が強まっていることを受け、党の要求を受け入れて円高・産業空洞化対策を積み増す方針だ。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0927/mai_110927_3017547708.html
第3次補正予算案が固まってきた?」では、11兆円超という状況だったが、早速積み増しされている。

石川被告は控訴したが

さて、有罪判決が言い渡された石川被告だが、早速控訴した模様。

陸山会判決 石川議員が控訴

産経新聞9月27日(火)10時50分

 小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入などをめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた衆院議員、石川知裕被告(38)の弁護人は27日、石川被告を禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)とした1審東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0927/san_110927_7715299583.html

執行猶予が勝ち取れたとはいえ、ここで納得してしまうと罪状が確定してしまう。石川被告は小沢氏の手前、なんとしてもそれだけは阻止しなければならず、往生際悪く闘う以外に選択肢は無い。

 

米の台湾への武器輸出に絡んで

きな臭い話ではあるが、台湾が保有する軍事兵器は殆どがアメリカから輸入されているものである。この度、新たに台湾が武器を購入したら中国が騒いでいる、と、そう言った話だ。

<中国外相>米の台湾への武器売却「信頼関係を損なう」

毎日新聞9月27日(火)11時6分

 【ニューヨーク山科武司】中国の楊潔※外相は26日、クリントン米国務長官とニューヨークで会談し、米国による台湾への武器売却に憂慮を示した上で「両国の信頼関係を損なう」として撤回を求めた。国務省高官は、中国側が別の会合で米中軍事交流の一部中止や延期を示唆したことを明らかにした。中国はオバマ政権が昨年1月に台湾への武器売却を決定した際、軍事交流を中断しており、中国が交流中止に踏み切れば米中関係が再び悪化するおそれが出てきた。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0927/mai_110927_9139962729.html

中国が掲げる「1つの中国」政策によってとばっちりを受けている国、台湾。国際的には台湾は国として認められておらず、中国の1地域と言うことになっている。これはチベット等とも似た構図である。

 

どうなる?次期主力戦闘機

防衛省がF-X(次期主力戦闘機)の選定に随分と長い期間苦慮している状況は、傍目にみると実にもどかしいのだが、難しい政治の話も絡んでくるだけに、遅れているのはある意味仕方が無いことだろう。

次期戦闘機に欧米3機種応募 最新鋭F35の開発焦点

産経新聞 9月26日(月)23時16分配信
 防衛省は26日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に関する製造メーカーなどからの提案書の募集を締め切り、米英などが共同開発中のF35ライトニング2、米海軍のFA18E/F、欧州共同開発で英独伊などが採用しているユーロファイターの3機種が応募した。防衛省は年内の機種選定に向け審査を本格化させるが、F35の開発状況や国内防衛産業の基盤維持への貢献度が焦点となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000609-san-pol
だが、とうとう今年中には結論を出す事に決めたようである。5年遅いよ!