2011年7月27日水曜日

大畠さん、何言ってるの?

いやもう、この人天然ってレベルじゃないだろ。大畠国交相、お人好しなんだか馬鹿なんだか、それとも何かの計算なんだか??

原因究明などで支援申し出 大畠国交相「震災で中国から支援してもらった」

2011.7.26 11:21
 大畠章宏国土交通相は26日の記者会見で、中国の高速鉄道事故について「東日本大震災では中国から支援してもらった。ご助力ができるなら大いに支援したい」と述べ、中国鉄道省に事故原因の究明や再発防止策での支援を申し出ていることを明らかにした。
 追突車両の一部を現場の地中に埋めるなどの中国当局の対応については「中国政府も命を守るということでは(日本と)同じ視点に立っているだろうから、そういう対応が取られることを期待している」と語った。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110726/plc11072611240013-n1.htm
支那から東日本大震災において、感謝するほどの支援を貰った記憶が無いんだけれど……、気のせいか?ああ、韓国よりはマシか。
専門家を派遣と言いつつ、スパイを大量に送り込んでくるような国に、「助力したい」とは。
天然ならさっさと政治家を辞めるべきだし、狙って言ってるならとんでもない皮肉である。

子供手当、そんなんで大丈夫か?

民主党の政策はどれも評価出来ないものばかりだが、もっともイタイ政策についても現在行き詰まっているようで。

民主 子ども手当さらに譲歩も

7月27日 4時43分
子ども手当の見直しで焦点となっている所得制限の導入について、民主党の執行部では、赤字国債発行法案への自民・公明両党の協力を取り付けるため、基準となる年収を両党が求める860万円に引き下げることも視野にさらなる譲歩を検討せざるを得ないという意見が出ています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110727/t10014479451000.html
そもそも、この法律のもっとも痛い部分は、民主党の看板政策にもかかわらず、自民政権時代に公明党が考えた「児童手当」の焼き直しにもかかわらず、無理に違いを出そうとした点だ。
その結果、色々間違った方向に走ってしまって、自民や公明などの野党もこれをナントカしようと躍起になっているが、愚策を打って迷走しているというのが現状なのである。