2011年6月24日金曜日

高レベル放射性廃棄物の行方

原発で一番頭が痛いのは、廃炉の問題と共に放射性廃棄物の処理ではないだろうか?結局、脱原発と騒がれる一番の理由は目に見えない放射線が恐いからである。
日本人の記憶に色濃く刻まれた放射線への嫌悪感は、原爆と共に語り継がれ今なお原爆に起因する原爆症に苦しむ人々が居ることに無関係では無い。そして、そのことが原発に対しても嫌悪感を抱かせる要因となっていると思う。

この恐怖は当然であり、放射性物質の拡散についての正しい情報が周知されない状態が続いている現状では、この嫌悪感をぬぐい去ることは容易ではないだろう。

しかし、だからといってこの問題から目を背けては駄目なのである。

来年のことを言うと鬼が笑う

口先だけの約束か。誰が信用するんだ誰が?

沖縄の米軍基地、危険性除去に努力…菅首相

読売新聞6月23日(木)12時58分
菅首相は23日、沖縄戦の戦没者を慰霊する沖縄全戦没者追悼式に出席し、沖縄の米軍基地に関し、「負担軽減と危険性除去に最大限努力する」と語った。
さらに、沖縄振興について、「一括交付金、県が主体となる(2012年度以降の)計画の支援など、地元の声に耳を傾けながら実現する」と強調した。首相の追悼式出席は昨年に続き2回目、沖縄訪問は昨年12月以来で3回目となる。首相は式典に先立ち、国立沖縄戦没者墓苑(糸満市)で献花した。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0623/ym_110623_9449776783.html
空手形の発行も大概にしやがれ。
「一括交付金」 、 「県が主体となる(2012年度以降の)計画の支援」なんて、辞任を口にした人間が口にすること自体がおこがましい。
その時期まで、あんた首相やってないだろ。
それとも何か? 「私はやるつもりだったが、続投が出来なくなったので実現できなかった」 等とでも言うつもりだろうか。
馬鹿馬鹿しい。
 
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

辞めればいいってもんでもないだろう

辞めない菅直人と、すぐに辞めてしまった自民の二人。どちらが潔いかとか、そう言うアホな議論はする積もりがない。
が、辞めたら何か良いことがあるのか?と首を傾げたくなったのは事実。
自民・河野氏ら党役職辞任を申し出 会期延長賛成で
2011/6/23 19:33
 自民党の河野太郎、岩屋毅両衆院議員は23日、今国会会期の70日間延長を議決した22日の衆院本会議で党の方針に反して賛成したため「影の内閣」など党の役職辞任を申し出た。党執行部は採決を欠席した議員8人も含めて事情聴取を始め、来週にも処分を決める。欠席者には東日本大震災の被災地選出の議員も含む。
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E0E1E2E3E38DE0E1E2E4E0E2E3E38297EAE2E2E2;bm=96958A9C93819481E0E1E2E2858DE0E1E2E4E0E2E3E38297EAE2E2E2
辞任したのは、自民党の河野太郎氏と、岩屋毅氏。「影の内閣」等の党の役員の辞任を申し出たとか。

ボランティアを充てにするなかれ

被災地ではボランティアによる復旧作業も続いているようである。

ボランティア足りない 参加のべ人数「阪神」の3分の1

2011年6月19日7時4分
 被災地でのボランティア減少に歯止めがかからない。震災後の3カ月間に岩手・宮城・福島の3県で活動したボランティアはのべ約42万人で、同時期に約117万人が活動した阪神大震災の約3分の1。「もはや関心は風化したのか」という嘆きも聞こえてくる。
http://www.asahi.com/national/update/0618/OSK201106180141.html
某新聞ではボランティアの少なさを嘆く記事が掲載されたようだ。
しかし、この記事は僕はどうにも違和感を拭えない。