2011年6月14日火曜日

原発ネガティブキャンペーン中

どうやら、読売新聞社は原発を停止する方向に働きかけることにしたようである。

相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し

読売新聞6月14日(火)3時9分
 福島第一原発の事故で、牛を処分して廃業した福島県相馬市の酪農家男性(50歳代)が「原発さえなければ」と書き残して自殺していたことが13日、わかった。
 関係者によると、男性は今月11日、小屋で首をつった状態で見つかった。小屋の壁に白チョークで「仕事する気力をなくしました」「残った酪農家は原発にまけないで」と記していた。
 男性が住む地区は当初、加工前牛乳が出荷停止となり、男性は乳を搾っては捨てていた。今月初旬までに約30頭を処分した。男性は親の代から酪農を続けており、姉は本紙の取材に「(弟の死は)子どもたちのことを思えば話したくない。しかし、原発の件は訴えたい」と語った。
 酪農家仲間だった男性(51)は「避難区域ではないため、補償はないだろうと繰り返していた」といい、農業男性(53)は「連絡をとるたびに『原発ですべてを失った』と悩んでいた」と話した。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0614/ym_110614_9988300844.html
風評被害の大きな原因を作ったのは誰あろう政府である。その部分がすっぽり抜けて、 「原発憎し」 で加速してしまったのは対象が明確だからなんだろうな。
被害を受けて損害を被ったことは不幸なことであるし、自殺を選ぶ状況に追い込まれたことは悲惨だと思う。

ただ、だから原発が悪いと言う話に直結させるのは間違い思うのだけれど。
だって、自殺者が原発とは関係無い場所の人間で、自殺原因も別のものだったら記事にすらならないだろうから。だって、口蹄疫の時だって廃業した人は沢山いたし、自殺した方だっていたと思うのだ。ニュースでは見かけなかったのだけれど。

全原発停止したら?

本当にその試算、合ってるの?

全原発停止なら…家庭の電気代1千円アップと試算

読売新聞6月13日(月)22時6分
 経済産業省所管の日本エネルギー経済研究所は13日、すべての原子力発電所が運転停止し、火力発電所で発電を代行した場合、液化天然ガス(LNG)や石炭など燃料調達費が増えるため、2012年度の毎月の標準家庭の電気料金が平均で1049円上昇し、6812円になるとの試算を発表した。
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0613/ym_110613_2398927919.html
「んー、これで済むなら原発停止しても良いかな?」って、そう思わせるための試算じゃないのかと、何だか疑ってかかってしまう。
僕の持論は、これまでも示した通り当面の間は原発を存続すべし、だ。もちろん、原発を存続するための法整備や安全体制の見直しは必須だと考えて居るが、旧炉廃止で新炉建造によって当面は原発維持、これが妥当だと思っている。
だからこそ、疑うのかも知れないが……。