2011年2月28日月曜日

「子ども手当」はどこに行く?

<復旧した記事>
いやはや、菅総理ではないけれど「びっくり」しちゃいました。
児童手当の復活の可能性…菅首相
読売新聞 2月28日(月)13時1分配信
菅首相は28日午前の衆院予算委員会の「菅内閣の基本姿勢」に関する集中審議で、民主党の岡田幹事長が子ども手当法案に関し、児童手当の事実上の復活を容認する意向を表明したことについて、「今後の与野党協議のいろいろな可能性として発言したと理解している」と述べ、与野党協議の中で検討することもあり得るとの考えを示した。
細川厚生労働相は専業主婦の国民年金への切り替え忘れ問題について、片山総務相と25日に会談し、速やかに対応策を検討し、厚労相が適切な結論を出すとの方針で一致したと明らかにした上で、「救済するのか、公平の見地からやっていくのか、今、結論を出すのは大変難しい」とも述べ、検討に一定の時間がかかるとの認識を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000562-yom-pol
岡田氏にとってみれば、子供手当自体はそれ程重要ではないらしく、さっさと「切り捨て」の方法を示唆しているようだけれど、それって民主党としてはどうなのか?