2011年2月24日木曜日

党首討論2回目

<復旧した記事>
ようやく2回目の党首討論が昨日行われた訳だが、1回目からさほど間があった訳ではない。むしろ、1回目の党首討論が遅かっただけの話である。
で、内容はどうだったか?というと、「酷い」の一言。 論より証拠で、是非見て頂きたい。
2.23 国家基本政策委員会合同審査会(党首討論) ‐ ニコニコ動画(原宿)

もう、菅総理も末期である。ここまで酷いとフォローのしようもないハズなのだが……。

しかし、これに輪をかけて酷かったのが、メディアの扱いである。わざとなのか、それともまともに討論の内容を検証せずになのかは定かでないが、民主の擁護も甚だしい。
まず、一番酷いと思った信濃毎日新聞の記事を紹介しよう。
党首討論 予算案をもっと深めよ 2月24日(木)
「いま最も重要な問題は国民にとって何なのか」。菅直人首相と自民党の谷垣禎一総裁の2度目の党首討論は、菅首相が2011年度予算案と関連法案の成立に向けて、谷垣総裁の姿勢を問う場面が印象に残った。
野党の反対で関連法案の成立が危ぶまれるなかでの討論だ。首相にしてみれば、予算案の成立・執行が暮らしに欠かせないことを強調し、突破口を開く狙いがあったのだろう。
国民の暮らしを考えれば、谷垣総裁も解散一点張りでは理解は得にくい。具体的に対案を示し、論議を深めるときである。
国会の焦点は、公債発行特例法案など予算関連法案が成立するかどうかの局面に入った。なかでも特例法案は赤字国債を発行するための法案である。不成立なら財源確保に支障が出て、予算執行に大きな影響が及ぶ。
政権が望みをつないできたのは社民党と公明党である。だが、社民党が公債発行特例法案などに反対する方針を固めた。公明党も首相退陣と引き換えに関連法案に協力することを否定している。
菅政権は土俵際に追い込まれたように見える。ただ、景気の先行きが不透明ななかで予算に支障が出る事態は避けるべきだとの声が経済界などから出ている。「政局より予算」といった世論は根強いととらえるべきだろう。
党首討論で菅首相は、この点を突いてきた。 「予算を成立させ実行することが最も重要だと思う。ぜひ、お答えください」と谷垣総裁に迫った。
谷垣総裁は「予算の組み替え案を出したい。きちっと検討していただきたい」と述べたうえで、 「小手先の修正で通すのは百害あって一利なし」と切り返している。
菅首相は「自民党の予算の組み替え案の方が素晴らしいと言って丸のみできるような案を、ぜひ出していただきたい」と応じた。
興味深いやりとりである。政権公約を実行できない以上、解散して仕切り直すべきだといった理屈だけでは、自民党も世論を味方に付けるのは難しい。予算の対案を提示し具体的に論議したうえで、国民の判断を仰ぐのが筋である。討論を踏まえ、できるだけ早く対案を出してもらいたい。
2度目の党首討論は外交問題もテーマとしたため、限られた時間のなかでは散漫に終わった感が否めない。予算案をどうしていくのか、与野党の考え方の違いはどこにあるのか、深めてほしかった。次回に期待したい。
注:文中の強調はブログ主による
http://www.shinmai.co.jp/news/20110224/KT110223ETI090006000022.htm
まず、簡単に要約すると、「自民党は解散を迫ってばかりいないで、対案を出せ」と、そう言うことになる。この内容、実は菅総理の主張と全く同じだ。
しかし、この記事、谷垣総裁の主張の論点はわざわざ外してある。
そもそもの自民の論点はどこなのか?
それは23年度予算案において、「子供手当」「高校無償化」「高速道路無償化」「農家個別補償」「TTP推進」「八ッ場ダム建設中止」「普天間基地移設問題」等と、予算編成の中身が大問題でとても自民党はこの予算案を飲めない、と、そういうスタンスになっている。
菅氏は「税と社会保障」の方に軸足をシフトさせたように見せかけて、従来のこの手のマニフェスト詐欺フェストの内容を改竄したものを飲ませようとしている訳で、それに賛成をしたらそもそも自民党が主張してきた政治のあり方を否定することになってしまう。
そこは賛成できませんよ。だから掲げたマニフェストの内容で改めて国民に信を問うて、その上で予算を成立させましょうと、そう主張している。
つまりだ、上の記事では「予算案の成立・執行が国民の暮らしに欠かせない」と、菅総理の主張を鵜呑みにして書いているけれども、その中身がとても賛成できるものではない上に、見かけ上予算として成立していそうで、その実、間に合わせの張りぼてなのでとても次年度に継続していけるようなシロモノではない、という前提を欠いているのである。
つまり、予算案がまともなら、政局の為に解散を要求する自民の姿はとても醜いものだという意見も理解出来るが、お話にもならない予算案をベースに何を審議し、何に賛成するというのだ?
民主党の組んだ23年度予算案は、財務省のサイトを見れば乗って居るが、その中身を予算委員会の答弁を参考に判断する限りは、とても酷い。オススメは金子一義氏の質疑である。
今年の年始早々、グルーポンのおせち事件があったが、民主の予算案は例えてみればまさにあんな感じである。宣伝だけは大げさだが、中身は腐ったものもありとても食べられたものではない上に、次年度予算執行にとても間に合わない。
もっとも、自民党が主張するように解散総選挙に移行した上で、国民の信を問うた上で予算案を組み替えするとなると、6月までにはとても間に合わない様にも思える。谷垣氏はその辺りのシナリオもある程度分かり易く国民に説明すべきだろう。今解散すれば、メリットは日本国民にとって大きいのだということを。
もっとも、腐ったおせちを食べたいというなら、どうぞ民主党政策の予算案を丸呑みして賛成して欲しい。
おとーさんは、全くオススメできないのだけれど。
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ