2011年2月16日水曜日

燃費至上主義的な流れ

<復旧した記事>
さてさて、おとーさんが車選びとかそういうことを言い出した時点で、この話は避けて通れなくなっている。

「燃費至上主義」という話だ。

自動車会社各社は、現在燃費改善競争にしのぎを削っている。これは、今年発売が予定されている車をみても、明らかだろう。

で、ここからはおとーさんの勝手な与太話になるので話半分にして欲しいのだが、今後の自動車開発の流れとしてはかなり燃費に充填が置かれてくるのはもはや間違いない。


で、各社といっても、勢力図的にはなかなか難しい色分けになってくる。