2011年1月26日水曜日

先送り内閣

菅内閣も改造されてもうちょっと動きがスマートになるかと思ったが、そんな期待はするだけ無駄だってことだな。
おとーさん的には、取り繕っただけの内閣改造であっても、一つの転機とするくらいの気概があるかなぁと思ったけれど、単に空回りしているだけだし。

幼保一体化 期限示さず自治体任せ

産経新聞 1月25日(火)7時58分配信
 政府は24日、幼稚園と保育所を双方の機能を併せ持つ「こども園(仮称)」に統合する「幼保一体化」について、当初、制度導入から10年後としていた完全移行を先送りする方針を固めた。こども園と幼稚園、0~2歳児を対象とした乳児保育所を当面存続させ、各市町村の実情に応じて統合を進める案を同日、内閣府内に設置された有識者らによる作業部会に提示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000118-san-pol
なんというか、「先送りにする方針」ってもう、見るのもウンザリなんだが。

連鎖する不幸

おとーさんの周辺では不幸の連鎖が止まらないようなので、この辺りで鎖を断ち切っておく必要がある様だ。

とはいえ、おとーさんの家の中のことに限定するとそこまで大事には至っては居ない。だから、連鎖を断ち切るなら今のウチという訳だ。

一つは次女チーちゃんの病状である。風邪っぽい症状から一向に良くならないので、何とか一度きっちりと治してしまいたい。このお陰で、1月に予定されていた手術も延期になってしまって、計画が狂いまくりである。

一つは洗濯機。先日、お湯取り用のモーターが機能しなくなったと、おくちゃまから言われていたが、今朝は脱水が上手く機能しないとのこと。お湯取り機能が使えないのは、お風呂の残り水が使えないという点では勿体ないが、今すぐどうこう、という話でもない。しかし、脱水の方はちょっと困る。

そもそも、洗濯機は故障しても修理に出すことが難しい機械。ものが大きいと言うこともあるけれど、修理に出して1週間洗濯機がない状態、というのも非常に困るのである。2~3日が限界だろう。