2010年11月11日木曜日

あんたが辞任しろよ

責任転嫁内閣の面目躍如だなーと、そんなことを思いながら記事を読んでいたが、どう考えてもおかしい。

海保長官の辞任は不可避、北沢防衛相が認識示す

読売新聞 11月11日(木)11時23分配信
 中国漁船衝突事件の映像流出問題で、神戸海上保安部の主任航海士が流出させた疑いが強まっていることに関し、北沢防衛相は11日午前の衆院安全保障委員会で、鈴木久泰海上保安庁長官の責任について、「責任の所在は明らかにして、しかるべき責任を取っていくべきだ」と述べ、辞任は不可避だとの認識を示した。
北沢氏は「国の安全にかかわる秘密防衛はきちんとした対応をしなければいけない」と強調した。自民党の岩屋毅議員の質問に答えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000371-yom-pol
なるほど、海上保安庁の職員が機密情報扱いになっている情報を漏洩した、名目上はそうだ。
だがしかし、 「国の安全に関わる秘密防衛」 の責任なら、北沢さん、あんたが責任をとるべきだろう。

盗撮騒ぎ

盗撮をすると罪に問われる……のだが、おっさん、発言には気をつけなよ?

仙谷官房長官:「盗撮された」持参資料の新聞掲載を批判

 9日開かれた衆院予算委員会で、仙谷由人官房長官が審議に持参した資料が撮影され同日付読売新聞夕刊に掲載されたことを挙げて「盗撮」と批判する場面があった。
 同紙に掲載されたのは、仙谷氏が同日の審議の最中に菅直人首相に示した沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像の一般公開の可否を検討するための資料。「厳秘」と記され、国会提出済みの映像や動画投稿サイト「ユーチューブ」に流出した映像などがそれぞれ公開された場合のメリット・デメリットなどが記載されていた。仙谷氏は写真記者席付近を指して「あらゆる場面を頭の中に入れて、私的なメモを作っているがあのへんからどうも望遠レンズで盗撮されたようだ」と語った。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101110k0000m010045000c.html
そもそも、この記事からして可笑しいのである。
「写真記者席付近を指して」という一文、写真記者席って奴は、撮影許可エリアであるハズなのだ。当然、撮影はOKである。
それを「盗撮」と表現しちゃう辺りがどうかしている。